ホーム正しいボディケア ≫ 爪は健康のサイン? 解決!爪のお悩み【あさイチ】

爪は健康のサイン? 解決!爪のお悩み【あさイチ】

爪のケア
10月29日放送のNHK「あさイチ」で、「実は健康のカギ?あなたの知らない爪の話」爪の特集が放送されました。

乾燥が気になるこれからの季節、爪のトラブルも増えてきます。爪は肌と同じく、年齢が出やすいところ。また、爪の状態から健康状態を分析することもできるそうです。さらに、健康寿命にも影響を与えることもあるそう。

気になる爪の話をシェアしますね。

女磨きの情報はこちらから
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

爪の乾燥を防ぐには? 

爪は皮膚と同じ

爪の成分は、カルシウムだと思っている方も多いようですが、実は皮膚と同じく、ケラチンタンパク質です。皮膚と同じように乾燥するのです。肌や爪に大切なコラーゲンについてはこちらの記事も参考にしてください⇒コラーゲン由来ペプチド100%「コラゲネイド」で、楽々エイジングケア

爪は三層構造になっていますが、乾燥により剥がれたり、割れやすくなったりするのです。そこで、乾燥を防ぐためのお手入れが必要なのです。

爪のお手入れについては、こちらの記事もご覧ください⇒爪にも年齢が出る、健やかな爪を保つ方法

オイルを使って潤いのある爪に

爪の乾燥を防ぐには、オイルを使ったお手入れが効果的です。オイルは、爪専用のオイルがベストですが、スキンケア用のオイルでも大丈夫。

ポイントはオイルのつけ方。爪の表面だけでなく、爪と指の間にも塗って、爪の内側からもオイルが浸透するようにします。爪の表面だけだと、深く浸透できないのです。

スポイトのような容器(お弁当にいれるお醤油差しでもOK)にオイルを移し、爪と指の間にオイルをさします。

また、爪の根元は「爪母(そうぼ)」という新しい爪を作るところがあります。この皮膚が乾燥していると、爪が凸凹したり、割れやすくなってしまうので、爪の根元にもみ込むようにマッサージすると、さらに効果的です。

オイルマッサージを紹介してくださったネイリストの嶋田美津惠さんは、一日に5回は爪にオイルを指すそうです。食器を洗う際は、オイルを塗った後に手袋をして少し温度の高いお湯で洗い、保湿効果が高めているとか。少しの手間で効果が変わってくるのですね。

爪で健康状態を分析

爪の成分で健康リスクが分かる

切った爪を専用の機械で分析すると、爪に含まれるミネラル成分が測定できます。ミネラル成分の過不足が分かるので、健康状態をチェックし、病気予防につなげることができるのです。

例えば、
  • チョコレートをよく食べるため、チョコに含まれる銅(Cu)の値が高い→イライラしやすい
  • モリブデン(Mo)の値が低く、アルコール分解能力が弱い→二日酔いになりやすい
  • 刺身好きな方は、水銀(Hg)の値が高い→マグロなどの大型の魚は水銀を吸収しやすい、マグロを食べる量を減らし、水銀の排出を促す亜鉛(Zn)が豊富な牡蠣などをとる。
  • ストレスが高いと、ヒ素(As)が高くなる→高すぎると頭痛やめまいなどが起こる。マグネシウム(Mg)が豊富な食事「まごわやさしい」を心がけて、排出を促す
など。

このような分析は、1万円程度の費用で誰でも受けることができるそうです。ですが、「スプーン爪は鉄分が不足している」など、見ただけでわかる爪のトラブルもあります。

足の爪は健康寿命に影響する?

巻き爪は健康寿命を縮める

足の爪のお悩みで多い巻き爪とは、足の指の爪が丸みを帯びて伸び、指に食い込むようになってしまうものです。爪があたって痛むため、しっかりと親指に体重を乗せて踏み切ることができなくなり、歩き方が変わってしまいます。

親指をつかずに、足の外側を使って歩くようになり、ふらつきの原因になります。足の外側でペタペタと歩くことで足の筋力が弱り、細かい段差につまずき、転倒の原因にもなります。

その結果、骨折から寝たきりになることも。

足の爪のトラブルをほっておくと、健康寿命を縮めることにもつながるのです。

巻き爪を予防するには

本来、爪はまるまる性質があります。一度、巻き爪になってしまうと、爪が生え変わるまで1~2年はかかるので、予防することが大切になります。

足先に余計な力がかかると、巻き爪になってしまいます。それを防ぐには
  • 正しく靴を選ぶ:スニーカーなど、足の指がしっかり動く靴がよい。パンプスは要注意。
  • 爪の切り方に注意:爪先が丸くならないように、四角く切る。皮膚が爪で隠れる程度の長さで、切りすぎに注意。

足裏筋肉体操で巻き爪を防ぐ 

1日数分でできる、足の体操をご紹介します。

ゴルフボールを使って

足の指で、ゴルフボールがつかみます。持ちあがらなくても大丈夫。最初は足の裏でゴルフボールをコロコロして筋肉をほぐしていきます。

足の指でグー、チョキ、パー

グーは、足の甲側の骨の突起がしっかり見えている状態を目指します。
チョキは、親指を立てて(外反母趾の方は控えてください)
パーは、指と指をしっかり広げて。

やりにくい方は、最初はパーだけの練習でもOKです。グー、チョキ、パーと続けて行う場合は、5回程度続けましょう。朝と夜、お風呂上りにやるのがオススメです。

まとめ


毎日、手の指を足の指の間にいれて、指を広げて足首を回したり、足の裏でテニスボールをコロコロしたりしてマッサージしたりはしていました。また、浮き指にならないよう、歩くときは親指を意識して踏み出すことを心がけていました。

そんな私でも、ゴルフボールをつかむのは難しかったです……。消しゴムならできるんですが(笑)

年々、身体が硬くなってくるので、しっかり足裏体操、まずは、グー、チョキ、パーからはじめたいと思います。

管理人のおすすめ商品レビュー

もちもち肌や髪のコシ、関節の痛みに 効率よくコラーゲンを摂取するには【コラゲネイド】 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放【フルミーエクオール】

ブログパーツ