ホームスキンケア ≫ 蒸気のチカラで肌荒れ、冷え性改善!【あさイチ】

蒸気のチカラで肌荒れ、冷え性改善!【あさイチ】

スキンケア2
10月22日放送のNHK「あさイチ」で、「美容に!健康に! “蒸気”のチカラ」蒸気活用術が放送されました。

朝晩、寒さを感じる季節になってきましたね。手足の冷えや肌の乾燥が気になり始め……。そんな時にオススメな蒸気を使った蒸しタオル、そして入浴法が紹介されました。

女磨きの情報はこちらから
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

蒸気の特別なチカラ

蒸気ってなに?

ヤカンでお湯を沸かすと、口に近い方は透明だけど、先にいくと白くみえますね。透明な部分が「蒸気」、白い部分は「湯気」だそうです。白く見えるのは、少し冷えて温度が下がっているから、だとか。蒸気と湯気が別ものだとは知りませんでした……。

蒸気は広く温める

同じ温度でも、蒸気ありとなしとでは温かさの感じ方に差が出ます。蒸気があれば、乾いた熱の36倍の温かさを感じるそうです。

蒸気は広く表面につくので、素材の内部まで広く温める力があるのです。

蒸しタオル活用法


蒸しタオルには、目のピント調節機能ドライアイを改善する力があるそうです。また、寝る前に活用するとリラックスできて熟睡につながるそうですよ。

さらに、スキンケアにも最適。「蒸しタオルを使ったスキンケア」が紹介されました。教えて下さったのは、ヘアメイクアップアーティストの山本浩未さん。あさイチではもうお馴染みの方ですね。

山本浩未さんのメイクアップ術については、以下の記事もご覧ください。


山本さんは、朝は蒸しタオルだけの洗顔を何年も続けているそう。洗顔料を使わないだけでなく、水で洗うこともしないとか。乾燥した肌にもいいそうですよ。

蒸しタオルのつくり方

  1. ハンドタオルを用意して半分に折り、端からくるくると巻く。
  2. 45~50℃のお湯を巻いたタオルの中心にゆっくりとたらす。
  3. 重みがずしっと感じたら、上下をひっくり返し、反対側の中心にたらす。
  4. 同じように重みを感じたら、お湯をとめる。
  5. 軽くタオルをしぼって完成。

絞る時は軽めに。タオルに水分が残っている方が良いそうです。

蒸しタオルの洗顔法

  1. タオルの上部分を二重にし、その部分が目元にあたるようにしながら顔全体をタオルで覆う。
  2. タオルが冷めたら、多めのお湯に浸して続ける。
  3. 目元や小鼻は優しくこする。蒸気で小鼻の汚れがういて落ちやすくなっている。
  4. 仕上げに、耳の周りや首筋をマッサージする。

夜のスキンケア

  1. マスカラなどのポイントメイクを落とす。
  2. クレンジングオイルで顔全体のメイクを落とす。
  3. クレンジングオイルの上から、蒸しタオルをあてる。
  4. 温まったら、タオルの汚れていない部分を使い、クレンジングオイルを拭き取る。
  5. もう一度、温めた蒸しタオルをあてて、メイク落としを取る。
  6. フェイス用のオイルを顔全体に塗り、蒸しタオルをかけて温める。
  7. さらにパックをする場合でも、パックの上から蒸しタオルをおいて顔全体を温めるとよい。

@コスメで高評価。自然由来成分98%美容オイルはこちらの記事でレビューしています⇒【coyori美容オイル】実際に使っている感想、レビュー エイジングケアに必要なのは油分バランス?

番組で肌の水分量を測定したところ、蒸しタオルをすることで44から64にアップしていました。

蒸気を使った入浴スキンケア


スキンケアに効果的な入浴法を教えて下さったのは、東京都市大学教授である医師の早坂信哉さん。クイズ形式で教えてくださいました。

  • お湯を溜めるのは、シャワーがよい。シャワーの蒸気で浴室が温まるので、ヒートショックの危険が減る。
  • 湯船につかっている時は、鼻から蒸気を吸うことで鼻の奥が潤う。アレルギーや花粉症の人は、湯船の中で鼻をかむことで、異物が出やすくなる。
  • 入浴後は、肌は急速に乾燥する。浴室の中で保湿をしておくと、潤いを保つことができる。浴室で保湿すれば、水分量は2倍になる。さらに、入浴後も1.5倍の水分量を保つことができる。
  • 湯船につかっている時に、傘をさすことで簡易的なミストサウナができる。傘をさすことで発汗量は2倍以上になる。

まとめ


蒸しタオルはスキンケアに定評がありますね。でも、洗顔料を使わずに、蒸しタオルだけというのは驚きました。また、蒸しタオルをお腹にあてることで便秘解消にも効果があるそうです。お金をかけずに簡単にできるので、ぜひ、お試しを。

応援のクリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

もちもち肌や髪のコシ、関節の痛みに 効率よくコラーゲンを摂取するには【コラゲネイド】 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放【フルミーエクオール】

ブログパーツ