ホームスキンケア ≫ 1つで6役? オールインワン化粧品の落とし穴

1つで6役? オールインワン化粧品の落とし穴

オールインワンジェル
化粧水から化粧下地まで、いくつもの化粧品を1つでカバーしてくれるオールインワン化粧品

洗顔後のお手入れがこれ1つで済むので、助かりますね。

手軽さが人気をよび、いろいろな製品が登場しています。

でも、選び方を間違えると、肌トラブルを促してしまうことも……。

あなたがお選びのオールインワン化粧品は大丈夫ですか?

応援のクリック、よろしくお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

オールインワン化粧品とは


肌に効果的な成分を複数配合することで、化粧水や乳液、美容液、クリームなどの機能を1つに凝縮したスキンケア製品です。なかには、化粧下地まで含んだものもあります。

オールインワンゲル、またはオールインワンジェルともいいます。

通常のスキンケアは、化粧水、美容液、乳液、クリームなど、いくつかのステップに分かれています。

化粧水は保湿、美容液は栄養補給、乳液やクリームは水分の蒸発を防ぐなど、それぞれの役割が分かれています。

オールインワン化粧品は、複数の美容成分を配合しているので、保湿、栄養補給、保水性をこれ一つでケアできます。

オールインワン化粧品のメリット

スキンケアの時間や手間を短縮できる

一番のメリットは、時間と手間を短縮できることです。

特に時間のない朝は、洗顔後のお手入れが1つで済むのは大きなメリットですね。

オールインワン化粧品を選ぶ方の大半は、この手軽さに惹かれていると思います。

経済的

次にあげられるのは、経済面です。

通常のスキンケアでは、化粧品からクリームまで、いくつも揃える必要があります。ひとつひとつにコストがかかるので、トータルで考えると、費用がかさんでしまいます。

オールインワン化粧品の場合、洗顔後はこれ1つ。あれこれ購入する必要はありません。

オールワンイン化粧品のデメリット

肌のコンディションにあわせたケアができない

複数の化粧品を1つにまとめているので、どうしても1つ1つ丁寧に順序を守ったスキンケアよりは効果が落ちてしまいます。

単品で使っていれば、肌に合わせて保湿効果の高い化粧水を選んだり、調整することができます。

が、オールインワン化粧品は、そのような使い分けをすることはできません。

うるおいが物足りない

オールインワン化粧品の不満で多いのは、保湿力の弱さが一番です。

化粧水のように、肌に浸透しないと感じている方が多いようです。

肌への刺激が強い製品がある

オールインワン化粧品の中には、いろいろな成分を配合するために、化学的な物質を多く入っているものがあります。

肌はデリケートですから、同じ成分でも配合の多さで刺激を受けやすくなることもあります。

また、なかには、化粧下地の役割も含んでいるものもあります。

肌に負担がかからないように作られたもの以外はメイク用品と同じなので、化粧を落とした後、寝る前に使うのは避けたほうがよいでしょう。

オールインワン化粧品を使う際、肌が弱い方や肌トラブルを抱えている人は、配合されている成分などに、特に注意が必要です。

肌の状態にあわせて選ぼう


肌はデリケートですから、人それぞれ、肌の状態は異なります。肌のお悩みも人それぞれ変わってきます。

今、オールインワン化粧品は、いろいろな製品が登場しています。

ご自分のお肌の状態を把握することで、お悩みを解決するのに最適な化粧品を見つけることができるでしょう。

乾燥が気になる場合

乾燥が気になる方は、保水力と保湿力に特化した製品を選びましょう。

「高保湿」や「セラミド」などの言葉が入った製品が、保水・保湿力に優れているタイプです。

ハリや弾力が欲しい場合

若々しいハリや弾力なる肌を保つには、コラーゲンエラスチンなどの成分が配合されているものを選びましょう。

特許取得済み、身体に吸収されやすい飲むコラーゲン「コラゲネイド」はこちらの記事でレビューしています⇒コラーゲン由来ペプチド100%「コラゲネイド」で、楽々エイジングケア

「エイジングケア」などの言葉が入ったものが効果的な場合が多いです。

美白効果が欲しい場合

ビタミンCやビタミンC誘導体、ビタミンEなど抗酸化作用のある成分や、ポリフェノールなどが配合されているものが効果的です。

敏感肌の場合

オールインワン化粧品は、いろいろな成分が配合されていますので、お肌への刺激が強くなりやすいです。

お肌が弱い方がオールインワン化粧品を使うと、肌に刺激を感じることもあるかもしれません。

敏感肌用と明記してあるオールインワン化粧品をお使いになるか、植物エキスなどが配合された敏感肌用であれば、肌への刺激も少ないでしょう。

肌への刺激が気になる場合は、オールインワン化粧品は避けたほうが無難でしょう。

たくさんの機能があり、経済的で便利なオールインワン化粧品ですが、肌のタイプによってはトラブルを促してしまうかもしれません。

ご自分のお肌の状態にあわせて、しっかりと選びたいですね。

応援のクリック、いつもありがとうございます。感謝しております。

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

効率よくコラーゲンを摂取するには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ