ホームスキンケア ≫ ほんとはキケンな蒸しタオル美容法

ほんとはキケンな蒸しタオル美容法

スキンケア2
蒸しタオルを使った美容法、評判ですね。

タオルを温めて顔に乗せるだけ。お手軽な美容法です。

でも、やり方によっては、逆効果になるってご存知でしたか?

温める効果と、どのように温めたらよいかをご紹介します。

応援のクリック、よろしくお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

温める効果


温めることで、血流が良くなり、肌の代謝があがります。

蒸しタオルでえられる美容効果は、大きくわけて次の3つです。


1.くすみの改善

お肌のくすみやクマは、顔の血行が悪くなることで起こります。

温かい蒸しタオルを顔にのせることで血行が促進され、くすみクマの改善につながります。

また、血行不良が原因によるむくみなどにも効果があります。

2.毛穴の引き締め効果

「蒸気」となった水分といっしょに熱が肌の細部まで行き渡るので、毛穴が自然と開き、溜まった汚れや皮脂が落ちやすくなります。

汚れを落とした後、化粧水をお肌につけて、毛穴を引き締めることができます。

3.保湿効果

蒸しタオルをあてることで、血行が良くなり、毛穴が開いた状態で、基礎化粧品をつけると、ぐんぐん美容成分を吸収してくれます。

血行が悪いお肌では、美容成分の吸収がよくありません。いくら美容成分たっぷりの基礎化粧品をつけても、なかなか効果が出にくいものです。

蒸しタオルでケアしたお肌は、肌の細部まで美容成分が染みわたり、保湿効果があがります。その結果、肌のハリやシワの改善効果も期待できます。

その温め方は危険


自宅にあるタオルで気軽にできる蒸しタオル美容法ですが、絶対、注意すべきことがあります。

それは、温めすぎないことです。

熱いタオルを顔にあてて赤くなり、ヒリヒリしたことはありませんか。

顔の皮膚は薄く、敏感です。熱いタオルで、簡単に火傷をしてしまいます。

熱いタオルで火傷してしまうと、お肌のバリア機能が壊れ、乾燥してしまいます。

特に、年齢により皮膚が薄くなっているお肌や敏感肌の方は、注意が必要です。

ニキビや日焼けなど炎症が起きている時は、決して、温めてはいけません。温めることで血流がアップし、炎症が悪化してしまいます。

オススメの温め方

清潔なフェイスタオルで

洗濯の際に、刺激の強い洗剤や柔軟剤を使っていない、清潔なタオルを使用しましょう。

水で濡らした後、適度にしぼります。

きつくしぼり過ぎると、水分が飛んでしまいます。「手に持って水が垂れない程度」が目安です。

電子レンジで加熱

顔にあてるタオルの温度に注意しましょう。40℃ぐらい、体温より少し高い程度がオススメです。

電子レンジの種類にもよりますが、500Wか600Wで30秒から1分弱が目安です。

使用前に温度を確認

レンジから取り出したタオルをアゴの下に持っていき、蒸気を感じます。

顔に触れても熱すぎない程度になってから、両手の平で軽く抑えるように蒸しタオルを顔全体にあてます。

入浴中に行うと効果的

入浴中は、浴槽の蒸気と合わさって、さらに効果的です。

お風呂なら、熱いシャワーのお湯で簡単に蒸しタオルを作ることができます。

より手軽に行うことができるのも魅力的ですね。

重炭酸イオンの温浴効果で血行促進。ぬるめのお湯でもしっかり身体を温めてくれる入浴剤、ホットタブ重炭酸湯をこちらの記事でレビューしています⇒注目の「温活」療法、薬用ホットタブ重炭酸湯のススメ

保湿に注意

温めた肌は毛穴が開いていて、乾燥しやすい状態にあります。

蒸しタオルを長くあてすぎると、毛穴が開いたままになるので、肌が痛む恐れがあります。

早めに基礎化粧品で保湿ケアしましょう。

化粧水で水分をしっかり補給し、乳液やクリームなどの油分でふたをしましょう。

また、蒸しタオルによるケアをやりすぎないこと。週に2回程度にとどめましょう。

蒸しタオルを顔にあてると気持ちいいですね。

私は目にあてたり、首にあてたりして温めています。疲れ目にもいいですよ。

いつも応援のクリック、ありがとうございます。感謝してます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

効率よくコラーゲンを摂取するには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ