ホームカラダによい食べ物 ≫ ポリフェノールは赤ワインの2倍! あずきでアンチエイジング 

ポリフェノールは赤ワインの2倍! あずきでアンチエイジング 

小豆
あんこのイメージが強いあずき

でも、あずきは、普段のお料理にも使いやすく、おいしいですよ。

実は、あずきには秘めたパワーがあります。

あずきのパワーを知ると、あなたも、きっと、どんどん取り入れたくなりますよ。

一日一回、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

あずきのパワー

ポリフェノールは、赤ワインの2倍

近年、ポリフェノールを活用したアンチエイジング老化予防)が話題ですね。

ポリフェノールといえば、赤ワインが有名ですが、あずきには、赤ワインより多くのポリフェノールが含まれているんですよ。

赤ワイン100g中のポリフェノールが300mgに対し、あずきは400mg~600mg

アメリカ農務省の研究員らの発表(Journal of Agnicultural and Food Chemistry;04 June)によりますと、抗酸化物質を多く含む食品の第一位にあずきが入っているそう。

また、野菜に含まれるポリフェノールは調理の際に流れて出てしまうことが多いのに対し、あずきのポリフェノールは残りやすいので、摂取しやすいですね。

あずきには、赤ワインを抜いてしまうほどの、抗酸化作用があると認められてたのです。

ポリフェノールのアンチエイジング効果

ポリフェノールとは、植物の樹皮や表皮、種子などに含まれる色素成分や苦味・渋味成分など植物特有の生体成分で、フラボノール、イソフラボン、タンニン、カテキン、ケルセチン、アントシアニンなどの物質の総称のことです。

ポリフェノールには、老化の元凶である活性酸素を除去する抗酸化作用をはじめ、脂肪の燃焼を促進したり、血流を改善したりする効果が確認されています。

がんや動脈硬化などの生活習慣病の予防、しみ、しわ、たるみなどのお肌の老化防止などにも効果があります。

あずきには、カテキン、カテキングルコシド、ルチン、プロアントシアニジン、シアニジン重合体、アントシアニン、レスベラトロール、イソフラボンなど、たくさんの種類のポリフェノールが含まれます。

さらに、大豆で有名なイソフラボンも、あずきに含まれるポリフェノールのひとつです。

イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きをします。更年期障害軽減や骨粗しょう症の予防、美肌効果が期待されます。


サポニンもアンチエイジングに効果的

あずきには、ポリフェノール以外にも、サポニンや食物繊維、ビタミンB群など、多くの成分を含んでいます。

サポニンは、植物の根、葉、茎などに広く含まれている配糖体の一種です。

コレステロールを除去したり、体内で血栓をつくり動脈硬化の原因となる過酸化脂質の生成を抑制する効果があります。ダイエットや便秘改善、肌荒れ予防に効果的です。

サポニンは多くの植物に含まれていますが、特に大豆やあずきに豊富です。

豊富な食物繊維

あずきは多くの食物繊維を含んでいます。食物繊維が多いといわれるごぼう・寒天・きのこよりも上です。

食物繊維は、腸内環境を改善し、便秘解消や免疫力の向上に効果があります。

便秘解消に食物繊維は、すでによく知られていますね。

でも、生野菜ばかり摂っていると、逆効果、便秘が悪化してしまうことがあります。

食物繊維には、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があります。

生野菜に含まれる食物繊維は、不溶性食物繊維です。水分が少ないため、偏った摂取は便が固くなってしまいます。

あずきに含まれるのは、水溶性食物繊維。水分保持能力が強く、硬い便にも効果があります。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維、どちらも身体に必要な栄養素です。バランスよく摂るようにしましょう。

あずきはアラフィフ女性のミカタ

あずきには、抗酸化作用があるポリフェノール、むくみを改善したり、コレステロールの生成を抑えるサポニン、代謝を助けるビタミンB群、女性に不足しがちな鉄分なども豊富に含まれています。

あずきに含まれるポリフェノールには、目に良いといわれるアントシアニン、女性ホルモンの作用を補うイソフラボンがあります。

さらに、食物繊維で便秘解消にも効果的。

そんなパワーいっぱいのあずきは、まさにアラフィフ女性のミカタなんですね。

どうやって食べるの?


あずきは、大豆などのように調理前に一晩、水につけなくても大丈夫。

市販の乾燥あずきを自宅で茹でて、手軽に使えますよ。

あずきに含まれるポリフェノールやサポニン、食物繊維は水溶性のため、煮汁を捨ててしまってはもったいない。

特に、アントシアニンやサポニンは皮に多く含まれるので、あずきを煮汁や皮ごと食べるのがオススメです。

あずきの煮汁を丸ごとおいしくいただく「あずき茶」の作り方や効能について、こちらの記事に書いています⇒豊胸だけじゃない、老化防止にも効く「あずき茶」

あずきの茹で方

  1. 虫食いのあずきや変色したあずきを取り除き、さっと洗う。その後、ザルなどに上げ水気をきっておく。
  2. どうしても、渋みが気になる方は、鍋にたっぷりの水とあずきを入れて火にかけ、沸騰したらゆで汁を捨て、ゆでこぼしをする(ゆでこぼさずに、そのままいただくほうがアンチエイジング効果が高い)
  3. 鍋にたっぷりの水とあずきを入れて火にかけ、沸騰したら弱火にし、1時間ほどあずきをゆでる。途中、水が少なくなったら、あずきが煮汁からでないように差し水をする。
  4. あずきが柔らかくなったら完成。あずきによって、ゆで時間が異なる。やわらかくなりすぎないように注意。

圧力鍋を使って、時短することもできます。

ゆで時間は、圧力鍋の種類によって異なります。お手元の圧力鍋の説明書をご確認ください。

日本人が昔から食べてきたあずきは、古来、漢方薬の材料として使われてきた生薬です。

女性にうれしい成分が豊富で、まさに女性のミカタ。

普段からあずきを摂り入れ、バランスのよい食生活で若々しく健康的な身体を目指しましょう。

応援のクリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

女性らしいボディラインを目指すには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ