ホームカラダによい食べ物 ≫ 「まごわやさしい」でバストアップ

「まごわやさしい」でバストアップ

和食 

健康的に美しくなるには、バランスのとれた食事が一番。それが、バストアップにもつながります

バランスのよい食事といえば、「まごわやさしい」をご存知でしょうか?

医学博士の吉村裕之先生が提唱している、栄養バランスの良い食事の覚え方です。

2013年12月に、和食が「ユネスコの無形文化遺産」へ登録されました。

世界の人からみた和食のイメージは、“ヘルシー” “健康的な食事” 
このようなイメージから、和食が高く評価されているそうです。

伝統的な和食は、を主食に、野菜・芋類・魚介・海草類などを副食とします。

カラダに必要な栄養素をたっぷりと含んだ理想的なかたちです。

「まごわやさしい」は、和の食材の頭文字をあらわしたものです。

応援のクリック、ありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

ま 「豆類、大豆製品」


納豆・大豆・豆腐・あずき・黒豆・油揚げ・高野豆腐など。

大豆は「畑の肉」といわれ、良質なタンパク質ミネラルが豊富です。

バストアップに効果的なイソフラボンも豊富です。


イソフラボンとバストアップの関係はこちらの過去記事に書いています⇒バストアップのための女性ホルモンを増やす3つの方法

豆腐なら、3分の1丁、納豆なら1パック程度を毎日、食べましょう。

ご 「ゴマ、ナッツ類」


アーモンド・ごま・ピーナツ・くるみ・栗・ぎんなん・松の実など。

ごまは、タンパク質・脂質・ミネラルをたっぷり含んでいます。老化の原因となる活性酸素を防ぐ 抗酸化栄養素も含みます。

切ったり、すりつぶしたりして使うことで、栄養素を効率よく利用できます。

わ 「わかめなどの海藻類」


ひじき・わかめ・のり・昆布・もずくなど。

海藻類は、カルシウムなどのミネラルが豊富です。

と組み合わせることで、効率よく栄養成分を摂取できます。調理に、酢や柑橘類の汁、植物油を利用しましょう。

や 「野菜や根菜類」


ほうれん草・トマト・白菜・キャベツ・セロリ・もやしなど。

β-カロテンビタミンCが豊富です。皮膚や粘膜を健康に保ち、抵抗力を維持します。

野菜の摂取量は、1日350g(1/3量は緑黄色野菜、2/3量は淡色野菜)が目安です。

さ 「魚介類」


青魚など。

あじは、DHA や EPA・タウリン が豊富です。

血中のコレステロールを減らし、血液をサラサラにする働きがあります。疲労回復に効果的です。

週に3食、魚料理を食べましょう。

し 「しいたけなどのきのこ類」


まいたけ・マッシュルーム・しいたけ・しめじ・エリンギ・なめこなど。

きのこ類は、食物繊維ビタミン・ミネラル類が豊富です。たくさん食べても、低カロリーなのもうれしいところ。

しいたけは、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが豊富です。カルシウムを骨に定着させるのに有効です。

日光に当てることで、さらにビタミンDの量が多くなります。

い 「イモ類」


じゃがいも・さつまいも・里芋・山芋など。

炭水化物・糖質 や ビタミンC・食物繊維が豊富 です。

腸内環境を整える働きがあります。

「まごわやさしい」で、バランスの良く栄養素を取り入れることができます。
しっかり食事をしながら、健康的な美しさをめざしましょう。

いつも応援のクリック、ありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

女性らしいボディラインを目指すには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ