ホームカラダによい食べ物 ≫ キヌア NASAが認めたスーパーフード

キヌア NASAが認めたスーパーフード

キヌア
数年前から、テレビや雑誌などで取り上げられ、おなじみになってきたキヌア

カフェなどでも、キヌアを取り入れたメニューを見るようになってきましたね。

キヌアは身体にいいと言われていますが、どのような栄養があって、どのような効果があるのでしょうか? 

また、どこで購入できるのでしょうか? 食べ方は?

キヌアのことを知れば、きっとあなたも取り入れたくなりますよ。

応援のクリック、ありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

キヌアってなに?


キヌアは、南米コロンビア、エクアドル、ペルーなどのアンデス山脈地方が原産地です。ホウレン草やトンブリ、オカヒジキと同じアカザ科の植物です。

昔、紀元前5000年頃、古代帝国インカの時代から栽培されてきました。

栄養価が高く、標高2500メートル以上の高原地帯でも育ちます。アンデスの高地に住む人々に愛され、「母なる穀物」とよばれてきました。

NASAもびっくり! キヌアの栄養素


キヌアは、タンパク質、ミネラル、良質な脂質、食物繊維が豊富を豊富に含み、栄養バランスにすぐれています。

特に、タンパク質はすべての必須アミノ酸が含まれ、ビタミンB2は小麦の4倍も含まれているそう。

アメリカ航空宇宙局NASA)は、キヌアには長時間の宇宙飛行に最適な、優れた栄養成分があることに注目しています。

1993年、NASAの専門誌は次のように述べています。
1つの食材が、人間にとって必要な全ての栄養素を提供することは不可能だが、キヌアは植物界、動物界において何よりもそれに近いものである。

国際連合食糧農業機関FAO)も、そのすばらしい栄養価と作物としての適応能力が、世界の食料危機を救う重要な手段になり得ると評価し、2013年は「国際キヌア年」に指定されました。
国際キヌア年 
キヌアは、私たちがいつも食べている精白米と比べ、少ない炭水化物(糖質)で、同等のエネルギーに対し、2倍のタンパク質、5倍の良質な脂質、8倍の食物繊維、6倍のカリウム、10倍のカルシウム、7倍のマグネシウム、7倍のリン、8倍の鉄を含みます。

女性にうれしい効能が豊富!

ダイエットにも効果的

キヌアは、栄養価が高いわりにカロリーや糖質が低いだけでなく、食べた時に血糖値が上がりにくい、低GI値食品です。

GI値とは、Glycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、食後の血糖値の上昇度を示す指標です。食品に含まれる糖質の吸収度合いを示しています。

低GI食品とは、この血糖値の上昇を招きにくい、太りにくい食品ということ。

これは、キヌアの豊富な食物繊維が関係しています。食物繊維のはたらきで、糖分の吸収を穏やかにしてくれるのです。

米やパンの代わりに、キヌアを主食としているというモデルやハリウッド女優から一般にもブームが広がり、ダイエット食品としても注目されています。

女性ホルモンと同じような働きのフィトエストロゲン

キヌアには、女性ホルモンと同じような働きをする成分、フィトエストロゲンが含まれます。

大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た成分を含み、特に更年期以降の女性の健康をサポートしてくれるのは有名ですね。大豆とイソフラボンについては、こちらの過去記事にも書いています⇒胸が大きくなる食べ物、大豆の効果と注意点

キヌアにも、女性ホルモンと同じような働きをするフィトエストロゲンが含まれています。

女性におけるフィトエストロゲンには、次の効能があります。

  • ホルモンバランスの乱れを整える
  • 丸みを帯びた女性らしい身体つきになる
  • 肌・髪にツヤが出る
  • 更年期症状の改善
  • 骨粗しょう症の予防
  • 生理痛の改善
  • 不妊の改善

他の栄養素でさらなる相乗効果が

キヌアには、以下のような栄養素も豊富で、さらなる相乗効果も期待できます。

ビタミンB2・B6:美肌効果、脂肪の燃焼を助ける
食物繊維:腸内環境改善、便秘改善、肌荒れの改善
ビタミンE:抗酸化作用で若返り効果
カルシウム:骨密度低下の抑制、乳がんの予防
鉄分:貧血の解消、生理痛の緩和、臓器の活性化
リジン:コラーゲン生成に欠かせない必須アミノ酸、肌の再生、免疫力を高める
リボフラビン(ビタミンB2):皮膚機能を活性化、シミの予防

他にも、血液をさらさらにしてくれる不飽和脂肪酸、中性脂肪を下げるα-リノレン酸(オメガ3)、悪玉コレステロールをやっつけるオレイン酸(オメガ9)など、アンチエイジング効果も期待できます。

どうやって食べるの?


基本的な炊き方です。

  1. お米と同じく、2~3回洗って水切りをする。
  2. キヌアに対し、水の量2倍。
  3. 鍋に水とキヌアを入れて強火で、沸騰したら弱火にする。
  4. 水がなくなったら火を止め、15分蒸らす。

キヌアは小さな粒なので、洗う時には茶こしなど細かいネットを利用しましょう。

ただゆでてそのまま食べても良いのですが、他の料理に加えて食べるのもよいです。キヌアはクセがないので、どんな料理にもあいます。

お米と一緒に炊いたり、他の野菜といっしょにサラダに取り入れたり、スープに加えたりするのもオススメです。

どれくらい保存できるの?


茹でたものは、密閉容器に入れて冷蔵庫で2~3日、冷凍庫で2~3週間保存できます。

冷凍する時は、小分けにして使う分だけ解凍しましょう。解凍は、自然解凍でも、レンジで温めても、お鍋に入れてもOK。

どこで買うことができるの?


健康食品系のお店では売っているようですが、うちの近所のスーパーなどでは見つかりません。どこでも購入できるというわけではなさそうです。

Amazonや楽天などで取り扱いがあるので、ネットでのお買い物が便利だと思います。送料無料のところもあるので、手軽に購入できますね。

キヌアは癖がなく、いろいろなものに使えるので、毎日、無理なく食べることができますね。今日からキヌアを取り入れて、美容と健康をレベルアップしませんか?

一日一回、応援のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

効率よくコラーゲンを摂取するには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ