ホームバストケア ≫ バストアップのための女性ホルモンを増やす3つの方法

バストアップのための女性ホルモンを増やす3つの方法

バストアップには、女性ホルモン(エストロゲンプロゲステロン)が大切です。

女性ホルモンとバストアップの関係はこちら⇒ 胸が大きくなる仕組み

では、女性ホルモンをバランスよく、分泌させるには、どうすればいいのでしょうか?

応援のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

規則正しい生活習慣


女性ホルモンは、体内で分泌されます。

女性ホルモンのバランスを整えるには、まずは、生活習慣を見直しましょう。

なかでも、夜更かしは禁物!

夜型の生活だと、体内時計が乱れてしまいます。その結果、女性ホルモンと密接な関係にある自律神経も乱れてしまうことに。

夜の10時~2時の間が、一番、ホルモンが分泌されやすいとか。

ちなみに、私は、子供の頃から、夜更かししてました(^_^;)

胸もなかったですが、身長も153㎝とあまり伸びていません……。

あ~、もっと早く、ホルモンバランスのことを知っていれば(後悔)

夜は、できる限り 0時前に就寝し、朝早く起きる生活 にしましょう。

健康には、早寝早起き、です。早めの就寝は、美肌にもいいそうですよ。

バランスの良い食事


無理なダイエットは、ホルモンバランスが乱れにつながります。

「食べないこと」よりも、きちんと食べて、健康的にメリハリのある身体を目指しましょう。
 
女性ホルモンには、良質な タンパク質 と 脂質 が必要です。

お肉やお魚、オメガ3脂肪酸を含んだ良質なオイルを取るように心がけましょう。
 
また、女性ホルモンと似た働きをする成分を含む食品もあります。

大豆などに含まれるイソフラボン。イソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」と似た化学構造と働きをします。

イソフラボンは、大豆の胚軸(生長して芽になる)部分に多<含まれる抗酸化物質の一種です。細胞にダメージを与える「活性酸素」の働きを抑えてくれるものです。

年齢とともにエストロゲンの分泌量が減少すると、更年期、閉経を迎え、「更年期障害」と呼ばれる体と心のトラブルにみまわれることがあります。

イソフラボンは、エストロゲンの不足を補い、トラブルを予防してくれるのです。

豆腐などの大豆製品を食べましょう。

大豆以外にも、枝豆や小豆などにイソフラボンが多く含まれています。
 

ツボ押し


ツボ押しやマッサージも、バストアップに効果的です。

体内のツボを刺激することで、エストロゲンの分泌を促進させる作用があります。

バストアップに効果的なツボはいくつかあります。代表的なものをご説明しますね。

壇中:だんちゅう

だんちゅう 
  • 左右の乳首を結んだ線の中心にあります。
  • ハリのあるバストを保ちます。

渕腋:えんえき

えんえき 
  • 脇の下、乳首から10センチくらい離れた場所にあります。押すと痛みがあります。
  • 血行がよくなり、バストへ栄養が行き渡ります。

三陰交:さんいんこう


三陰交 

  • 左右の足の内側、内くるぶしの一番高いところから指幅四本分上にあります。
  • 「婦人の三里」とも呼ばれ、女性には欠かせないツボです。
  • 女性ホルモンの分泌を促進して、冷えや更年期症状にも効果があります。

お役にたちましたら、応援のクリックをよろしくお願いします。
更新の励みになりますm(__)m
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

女性らしいボディラインを目指すには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ