ホーム正しいボディケア ≫ 爪にも年齢が出る、健やかな爪を保つ方法

爪にも年齢が出る、健やかな爪を保つ方法

ふと気がつくと、爪が割れていたりしませんか?

お手入れしているつもりでも、爪が割れていたり、すじが入っていたり、でこぼこになっていたり。

今回は、爪のトラブルと原因、対処法についてご紹介します。

応援のクリック、よろしくお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

爪のトラブルと原因


一口に爪のトラブルといっても、状態はいろいろありますね。爪の状態にあせた原因をみていきましょう。

爪が黄色い

爪が黄色くなる原因の一つに、除光液の使い過ぎがあります。

また、マニキュアの色の濃いものだと、色が沈着してしてしまうことも。

色が沈着しないようにするには、ベースコートを塗るようにしましょう。ベースコートを塗ってから、通常のマニキュアを塗ると、長持ちするだけでなく、爪の保護にもなります。

マニキュアなどをしないのに、爪が黄色い場合は、爪水虫やカンジダ菌に感染している場合もあります。皮膚科にご相談を。

二枚爪

二枚爪は、乾燥や外部からの衝撃が原因となります。

爪は、上から背爪(はいそう・トッププレート)、中爪(ちゅうそう・ミドルプレート)、腹爪(ふくそう・アンダープレート)の三層からできています。

その間に空気が入ることで、背爪や中爪が少しずつはがれていきます。

水仕事が多い方やマニキュアの除光液をよく使う方は、乾燥しやすいため、二枚爪になりやすいです。また、冷え性など、血行不良の方も乾燥しやすく、二枚爪になりやすいです。

二枚爪は、爪の切り方も影響します。

爪切りは、爪に衝撃を与えやすいため、爪が弱くなります。こまめにやすりをかけて爪を整えるようにしましょう。

他にも、栄養不足やストレス、加齢などが原因に考えられます。

縦すじ

縦すじが入るのは、皮膚のしわと同じく、加齢による老化現象です。

または、ダイエットなどによる栄養不足が考えられます。

はっきりした縦線で、爪が割れてしまうようであれば、血行障害などが原因です。爪にまで栄養が行き届かなくなってしまったのですね。

少しのすじならば、軽くやすりで磨けば、目立ちにくくなります。でも、爪が薄くなって弱くなりやすいので、あまりオススメしません。

横すじ

横すじには、健康状態が大きく関係しています。

爪の発育時に、起こった原因の強さや期間により、すじの深さや幅は変わります。大きな刺激は、爪の横すじを深くします。その期間が長ければ長いだけ横幅が広くなります。

爪は生えてきてから、その横すじが目立つまで時間がかかります。少し時間がたってから、その横すじに気がつくでしょう。爪の根元から3ミリのところに横すじがあれば、およそ1か月前に体調不良やストレスなどがあったと考えられます。

原因の多くは、高熱や栄養障害、精神的ストレスです。身体の不調により、爪がつくられる「爪母」に栄養が届かないことで、横すじができてしまいます。

また、甘皮の処理などの爪の手入れ中や、きつい靴などで「爪母」を傷つけた場合もあります。

縦すじは加齢によるものなので、そのままでは治りませんが、横すじは体調がよくなれば治ります。

爪のでこぼこ、割れやすい

爪のでこぼこや爪が割れやすい主な原因は乾燥によるものです。

爪の乾燥は、栄養不足や水分不足・油分不足などによって起こります。年齢によるものやストレス、間違った爪の手入れなど、いろいろな原因が考えられます。

黒い線

爪に黒い線が入るのは、爪根元で起こった内出血や、ホクロによるものがあります。

爪の根元にある「爪母」を傷つけたことが原因で、そこから黒い線が現れることがあります。これは一時的なものなので、心配はありません。

ホクロの影響でできるものもあります。通常は心配ありません。

ただし、色調が不規則だったり、周囲に不規則な褐色~黒色の小型の色素斑が認められたりする場合、爪甲色素線条などの病気の可能性があります。皮膚科専門医を受診することをオススメします

爪で健康状態がわかることも


爪の状態で健康状態が分かる場合があります。身体の中の栄養状態が悪かったり、血流や代謝の状態がよくなかったりすると、爪にも影響します。

身体の末端になる爪は、栄養が行き届きにくいところです。不摂生な生活をしていると、すぐに爪に影響が現れます。

健康的な爪を保つために

オイルによる手入れ

爪が変化する一番の原因は加齢です。

「手と首に年齢が現れる」といいますが、そのままにしておけばどんどん老化していきます。

特に、爪の痛みが目立つときは、爪の根元部分にある甘皮(キューティクル)を保湿し、乾燥を防ぐことを目的としたネイルオイルなどを使ってお手入れをしましょう。

日常的にネイルオイルを使うことで、爪に潤いを与えることができます。

一般的なネイルオイルは、保湿成分として植物性のオイルと、すこやかな爪を保つサポートとしてミネラルやビタミンを配合したものが多いです。

乾燥しがちな爪の根元も、なじみやすい植物性の油分で、カバーしてうるおいを保つことができるのも、大きなメリットです。

爪に必要な栄養
爪は、皮膚が硬く変化したものです。皮膚と同じようにタンパク質やコラーゲンの摂取は効果的です。

無味・無臭、糖分・脂肪分ゼロ、飲み物や料理に溶かして手軽に高品質のコラーゲンを摂取できる補助食品は、こちらの記事でレビューしています⇒コラーゲン由来ペプチド100%「コラゲネイド」で、楽々エイジングケア

他に、ビタミンA、E、B2、B12、鉄分、亜鉛などが必要です。
  • ビタミンA:欠乏すると、皮膚、爪や爪のまわりに潤いがなくなり、乾燥肌になります。
  • ビタミンE:ビタミンAの酸化を防ぎます。ビタミンAと一緒に摂取するとより効果てきです。
  • ビタミンB2:肌や爪には欠かせない栄養素です。欠乏すると、成長が止まり、皮膚炎を起こしやすくなります。
  • ビタミンB12:欠乏すると、皮膚、爪の黒ずみの原因となります。
  • 鉄分:鉄分不足だと、薄く、弱い爪となります。
  • 亜鉛:爪のツヤにはかかせません。爪に白い斑点があるときは亜鉛不足が考えられます。

爪は意外と人から見られているもの。また、健康状態が現れやすいところでもあります。

時には爪をチェックして、身体の健康を確認しましょう。フェイス部分と同じように手や爪もきちんと手入れをし、食生活も整えていきたいですね。
 
いつも応援のクリックありがとうございます。更新のはげみになります。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

効率よくコラーゲンを摂取するには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ