ホームアンチエイジング ≫ バストアップだけじゃない、イソフラボンとコラーゲンの意外な関係

バストアップだけじゃない、イソフラボンとコラーゲンの意外な関係

大豆
バストケアにかかせないイソフラボン。大豆に多く含まれています。

イソフラボンは、「植物性エストロゲン」とよばれ、女性ホルモンの一種であるエストロゲンと似た働きをします。

でも、エストロゲンの働きは、バストアップだけではありません。

エストロゲンが不足することで、関節痛になることもあるって、ご存知でしたか?

エストロゲンと関節痛の関係をみていきましょう。

応援のクリック、よろしくお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

関節痛の症状は?


関節痛は、手指、ひじ、腰、ひざなどに出ます。なかでも、ひざに多くあわられます。

「ひざが痛くて正座できない」「階段の上り下りが辛い」「ヒールが履けなくなった」 など、悩みはさまざま。

ひざの変形性関節炎に悩む方は、60歳以上の女性の40%、これは男性の倍以上といわれています。

原因は?関節痛はなぜ起きる?


関節の骨と骨が接する部分は、軟骨で守られています。

軟骨は、コラーゲンや水分でできています。

関節の動きを滑らかにし、衝撃を和らげるクッションの役割を果たすのです。

年齢とともに、軟骨はすり減ってしまいます。

特に、女性は男性に比べて関節の面積が小さいので、 一定面積あたりの関節にかかる荷重が大きいために女性に関節痛が多い要因とされています。

さらに、エストロゲンが軟骨の成分であるコラーゲンの生成に大きくかかわっています。

更年期を迎えてエストロゲンが減少すると、コラーゲンが作られにくくなり、関節の軟骨が不足して関節痛になるのです。

コラーゲンといえば、髪のツヤや美肌効果など、美容に関することが大きく取り上げられていましたが、実は健康面でも大きな働きをしていたのですね。

関節痛の対策は?


関節痛がひどい場合は、病院で診察を受けましょう。

検査をしても、リウマチや膠原病など原因が特定されない時は、エストロゲンの減少による軟骨不足だと考えられます。

エストロゲンと似た働きをするイソフラボンを、食事やサプリメントから摂りいれましょう。

イソフラボンが豊富なプエラリア

産後、腰痛に苦しんでいた私を救ってくれたのは、プエラリア・サプリメントでした。

オススメのサプリメントと使用感はこちらの過去記事に書いています⇒産後女性のバストの悩みや腰痛を治してくれた、あるサプリメントとは?

また、炎症を抑えるオメガ3脂肪酸を豊富に含む青魚などがオススメです。

逆に、炎症を起こす油として知られるトランス脂肪酸、紅花油やコーン油などのオメガ6脂肪酸を多く含む不飽和多価脂肪酸の油は、避けるほうがよいでしょう。

コラーゲンを多く含む食事を心がけましょう。

関節痛は冷えると悪化します。身体を冷やさないように、血行を良くするように心がけましょう。

体重が増えると、ひざや腰などの関節にかかる負担が大きくなります。

バランスの食事や適度な運動を心がけ、体重が増えすぎないように注意しましょう。

激しい運動をして関節に負担をかけるのは良くありませんが、安静にしすぎても良くありません。

関節を動かさないようにしていると、関節を支える筋力が衰えてしまいます。

軽めの運動で筋力を鍛えましょう

ひざや腰への負担が少ない水中ウォークなどもオススメです。


夫は、最近、左ひじの痛みを感じるそうです。

夫は、ひじをつきながら、スマホをしているので、「スマホひじ」ではないかと……。いい歳して……。

食生活とともに、姿勢なども気をつけたいものですね。

お役にたちましたら、応援のクリックをお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

効率よくコラーゲンを摂取するには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ