ホームバストケア ≫ 冷えは大敵!身体を温めてバストアップする3つの方法

冷えは大敵!身体を温めてバストアップする3つの方法

冬本番を迎え、寒い日が続いていますね。

毎年、この時期には、冷えに悩まされている女性も多いのではないでしょうか?

私も手足の冷たさに悩んでいます。こまめにストレッチしたり、体を温めるものをとるようにして、対処していますが。

実は、冷えは身体の不調を招くだけでなく、胸の大きさまで影響をしてしまうってご存知でしたか?

今回は、冷えとバストアップの関係について調べてみました。

応援のクリック、よろしくお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

冷えは女性の大敵


女性にとって、冷えは一番の大敵

そのまま放置しておくと、むくみや肌荒れ、肩こりや頭痛、不妊や女性機能の低下を引き起こしてしまう場合もあります。
 
また、冬になると極端に冷えると感じる場合、単に気温の変化だけが原因ではないかもしれません。

血液をあたためる肝臓や消化器官などの内臓が冷えて血流が悪くなり、熱量が行き届かなくなっていることも考えられます。
 
さらに、体内を巡る血液が冷えると、著しく代謝が落ちて免疫機能の働きが悪くなります。

自律神経が乱れたり、ホルモンのバランスが悪くなったり。

女性にとっては、よくないことばかり、まさに女性の敵なのです。
 

冷えが貧乳につながる2つの理由

1.血行が悪いと、胸に栄養素が行き渡らなくなる

女性の胸にはたくさんの血管がめぐっています。

身体が冷えていると、血行不良になり、バストアップに必要な栄養素が胸まで行き届かなくなる可能性があります。

特に、イスに腰掛け、机に向かって作業することが多い人は、うつむきがちになりやすく、猫背になりやすいため、胸につながる筋肉が凝り固まって血行が悪くある恐れがあります。
 
胸全体が冷えてしまうと、胸が育たず、通常のサイズより小さくなったり、ハリがなくなり、形崩れの原因になります。

2.女性ホルモンのバランスが悪くなる

 体温が1度下がると、「基礎代謝12%」「免疫力30%」下がるといわれます。

体温が36度未満の「低体温」の人は、太りやすく痩せにくい体質になったり、体調を崩しやすくなったりするといわれます。

バストアップには女性ホルモンが不可欠です。

女性ホルモンの分泌は、自律神経と関係していますが、身体が冷えると、働きが鈍くなります。
 
自律神経の働きが鈍くなることで、女性ホルモンの分泌に影響し、子宮の働きも低下します。

バストアップに必要なエストロゲンやプロゲステロンの分泌量も低下し、乳腺の発達を妨げてしまいます。

ホルモンの分泌バランスを整える為には、身体の血行を良くして、体温を36度以上(平熱)に保つ必要があります。

身体を温めて効率的にバストアップ


血行が悪くなると、胸に必要な栄養や女性ホルモンが行き渡らなくなります。

ですが、バストマッサージやエクササイズだけでは、なかなか胸の血行はよくなりません。

身体全体の血行が良くならないと、胸の血行は良くならないからです。

身体を温め、胸を温かくすることで血行がよくなり、効率的にバストアップできます。

身体の血行をよくする方法をご紹介します。

1.適度な運動をする

運動不足から筋肉量が少なくなると、基礎代謝が落ちます。

そうすると、冷えやすくなってしまい、日常生活がつらくなるほどの冷え性になることも。

 胸を大きくするには、全身運動をして血行を良くすることが効果的です。

ストレッチやウォーキング、軽いランニングなども効果があります。
 

ストレッチ

ストレッチを行うことで、ホルモンが活発化します。

バストケアには、肩甲骨大胸筋小胸筋を柔軟にする次のストレッチが効果的です。
  1. 息を吸いながら、両方のひじを後ろへ引いて、肩甲骨をぐっと真ん中に寄せる
  2. 息を吐きながら、引いた腕を前に出して肩甲骨を離す

毎日、継続することが大切です。


ウォーキング

ウォーキングは、骨盤周囲の血流を良くします。

卵巣や子宮の働きをよくし、女性ホルモンの分泌を促す効果があります。

できれば、手ぶらの状態で、1日20分から30分程度歩きましょう。

少し早歩きのスピードで、リズミカルに歩くのがコツです。
 
ストレッチやウォーキングは、呼吸をとめたり、呼吸が浅かったりすると効果がでません。

ゆっくり大きく呼吸をするように心がけてください。


ふくらはぎをマッサージする

ふくらはぎは、第二の心臓ともいわれ、下半身の血液を心臓に戻すポンプの役割を担っています。

ふくらはぎをマッサージすることで、血行がよくなり、むくみの解消につながります。
  1. あぐらを崩したような形で座る。
  2. ふくらはぎの内側からもんでいく。内くるぶしからひざに向かって、下から上に。
  3. 次に、くるぶしから足の骨に沿って下から上に押していく。
  4. 後ろ側、かかとからひざに向かって、同じように押していく。2回行う。
  5. 外くるぶしからひざに向かって上に押していく。2回行う。
  6. 足を立てて、かかとから少し上の部分まで、指でつまむように軽くもむ。
  7. ひざの下にあるリンパ部分をマッサージする。 

2. しっかり入浴、マッサージ

毎日のバスタイムで、身体をしっかりと温め、マッサージしてみましょう。

温めることで、乳腺を発達させるマッサージは効果が倍増します。

身体全体の冷えを解消するためにも、湯船で全身を温めましょう。

血行をよくする入浴剤などを加えると、さらに効果があがりますね。

バストアッマッサージ

身体が温まってから、マッサージをしましょう。

ワキやお腹に逃げた脂肪を下から上に持ち上げて、胸のふくらみを作るイメージで引き上げます。

ワキの下や鎖骨周辺は、リンパが滞りやすいです。

やさしくもみほぐし、胸に向かってゆっくりと撫でることで血行を促進します。

バストマッサージについては、こちらの過去記事も参考にしてください⇒バストアップマッサージ、その方法では逆効果

3.身体を温める食べ物、飲み物

食べ物や飲み物のなかには、身体を冷やす作用のあるもの、身体を温める作用のあるものがあります。

身体を温める食べ物や飲み物をとるように心がけましょう。

身体を温める食材をみてみましょう。


かぼちゃ、にんじん、ごぼう、たまねぎ、りんご、ぶどう

根菜類・赤や黒などの暖色の野菜や果物がオススメです。

水分の多いものは体を冷やす作用があります。

冬は、寒い地方や寒い時期にとれる野菜や果物をとりましょう。

紅茶、中国茶、ほうじ茶

発酵させたお茶は身体を温める作用があります。

茶色のものは、発酵していると考えてよいでしょう。

寝る前にお茶を飲むと、体を温めて眠りにつきやすくなります。ただし、就寝前はカフェインが少なめのものを選びましょう。

冷たい飲み物ばかり飲んでいると、内臓が冷えてしまいます。温かい飲み物を飲むようにしましょう。

赤ワイン、日本酒

ビールやウィスキーより、赤ワインや日本酒のほうがオススメです。

ですが、飲みすぎると、アルコールの作用で放熱が増え、結果的に体を冷やしてしまうことに。

お酒はほどほどに。

黒砂糖、全粒粉パン、玄米

白砂糖より黒砂糖というように、未精白のもの、色の濃いもののほうが体を温めます。

ビタミン・ミネラルも豊富で、栄養のバランスもよくなります。


ショウガ、香辛料

ショウガには、ショウガオールと呼ばれる薬効成分が含まれています。

これを摂取することで、体内の脂肪や糖質の燃焼が促進されます。

ショウガは身体を温める効果が高いので、冷え性の方にとてもオススメ。

さらにショウガを蒸すと、ショウガオールの割合が高くなります。

蒸しショウガは、生のショウガに比べ、ショウガオールの量が10倍になります! より効果的に身体を温めます。

ただし、ショウガを食べすぎると、消化器に悪影響を及ぼすことが報告されています。

いくら体を温める作用があるからといっても、そればかりを食べるのは良くありません。

なにごとも、バランスが大切です。

↓応援のクリック、ありがとうございます。励みになります。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

女性らしいボディラインを目指すには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ