ホームアンチエイジング ≫ 食べるシルクで肌、髪、爪もツヤツヤに

食べるシルクで肌、髪、爪もツヤツヤに

絹 
アラフィフともなると、身体のあちこち不調が出てきます(汗)

髪もハリとコシがなくなり、フケが増え、頭皮のかゆみなど不快な症状がありました。

そこで、髪や頭皮によいという製品をいくつか試してみました。

なかでも気になったのは、シルクです。

シルクといえば、日本だけでなく、世界各地で使われてきた高級なイメージ。

シルク貿易ルートが、絹の道(シルクロード)として栄えたことはあまりにも有名ですね。

近年、シルクがもつ抗菌性や保温性,紫外線カットなどの効果が見直され、肌や健康に良いといろいろな製品が出ています。

シルクは、衣類や化粧品など、肌に触れるだけでなく、口から摂取することで、さらなる効果があることをご存知でしたか?

今回は、「食べるシルク」を調べてみました。

↓クリックでの応援、ありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

いろいろなシルク製品


シルクは、均質でヒトとの親和性が高いです。

繊維,粉末,溶液,多孔質体など、多くの材料形態が得られるので、衣類以外にも、化粧品、人工皮膚、コンタクトレンズ、食品に至るまで、さまざまな製品ができています。

シルクを食べるということは、意外に思いましたが。

すでに、機能性食品素材として、シルク粉末が配合されたうどん,そば,飴,ゼリー,アイスクリーム,ヨーグルト,ケーキなどが販売されているそうです。

シルクの成分


絹糸は、フィブロインとセリシンという二種類のタンパク質で構成されています。

シルクのタンパク質は、グリシン、アラニン、セリン、チロシンなどの約18種類のアミノ酸で構成されます。

食品素材としてのシルク粉末は、主にフィブロインを粉末状にしたものです。

シルク粉末は、一般食品の食物タンパク質と比較してアミノ酸含有量が多く、パウダー状に分解してあるため、小腸での吸収が5倍以上といわれます。

短時間で、効率よく吸収できるのが大きな特徴です。

グリシン、アラニン、セリン、チロシンの生理作用には機能性が認められています

グリシンとセリンは、血中コレステロール値や血糖値を下げる働きがあります。

アラニンは、アルコールの代謝を促進して肝臓の負担を軽減します。

チロシンは、脳の神経伝達物質の材料となります。

シルク粉末の効果


シルク粉末を摂取することで、以下の効果を得られます。

  • 解毒作用、血中コレステロールの低下作用、高血圧、脳卒中の予防
  • アルコール代謝促進、疲労回復、二日酔いの予防や改善
  • パーキンソン病、痴呆症の予防
  • 化膿した皮膚、ふきでもの、アトピーの改善、美肌効果
  • 筋力増強、疲労回復

吸収率が高いので、運動の際に必要な栄養を素早くとったり、脂肪燃焼率を上げてダイエットの手助けになる効果もあるようです。

シルク粉末レビュー


シルクは頭皮のフケやかゆみを防ぐ?

先に書きましたように、髪や頭皮の不快な症状があったので、シルク粉末を試してみました。結果、以前に比べてかゆみやフケは軽減したように思います。

シルクは爪にいい

でも、一番、効果を感じたのは爪です。

年齢と共に、爪の筋が目立つようになり、割れやすくなりました。特に冬場は最悪。

マニキュアしたりして予防していましたが、それでも。

爪先が割れると、指に力がいれられなくて、不便なんですよ……。

その不便さが一掃しました。

爪は皮膚と同じく、タンパク質でできているもの。

そのタンパク質からできていて、美肌効果があるシルクパウダーが爪にいいのは当然ですね。

シルクとバストアップ

そういえば、髪は女性ホルモンが影響しますよね。

髪にいいシルクが女性ホルモンに影響し、バストアップ効果があるかといえば、そういう事例は見つけられませんでした。

バストのためにシルクを活用するなら、シルクの下着などを身につけることですね。

そうそう、シルクには保温効果があります。

冷えは女性ホルモンのバランスも悪くなりますし、バストケアにも大敵。

シルクの衣類を身につけて冷えに対処することで、バストケアも望めます。

いつも応援のクリックありがとうございます。更新のはげみになります。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

効率よくコラーゲンを摂取するには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ