ホームバストケア ≫ バストアップのための胸の構造

バストアップのための胸の構造

考える 

私は、若い頃、聞きかじった情報を鵜呑みにし、いきあたりばったりのバストアップ法を試しては挫折しました。

正しいバストアップは、正しい知識から。

胸がどのような構造になっているか、ご存知ですか?

まずは、胸の構造とバストアップの仕組みを理解してください。

応援のクリック、ありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

胸の構造の中で、バストアップに必要な組織は、大胸筋」「乳腺」「クーパー靭帯」「乳房内脂肪組織(脂肪)の4つです。
断面図 

大胸筋


大胸筋は、胸の土台となる組織です。バストを支えるための筋肉です。大胸筋を鍛えることで、垂れ乳の改善、予防が期待できます

いくら胸が大きくなっても、大胸筋を鍛えていないと垂れてしまい、「美乳」は望めません。

ですが、鍛えすぎると、胸自体が筋肉になってしまいます。ぷるぷるで弾力のあるバストではなくなりますので、ご注意ください。

乳腺


乳腺は、母乳を作る器官です。一般的に、乳腺は「エストロゲン」の作用によって増殖し、「プロゲステロン」の作用によって発達するといわれています。

女性の胸は、主に 9割の脂肪と1割の乳腺 でできています。胸の膨らみは、乳腺が発達し、その周りに脂肪が付くようになっています。

つまり、乳腺が発達することで、効果的にバストアップできます

クーパー靭帯


クーパー靭帯は、コラーゲン繊維組織の束です。

バストの乳腺や脂肪を支えている組織です。乳腺を皮膚や筋肉につなぎとめ、バストの形状を保ってくれます。

クーパー靭帯は、伸びたり、場合によっては切れてしまいます。一度、伸びたり、切れてしまうと、元に戻すことはできません

クーバー靭帯が伸びたり、切れたりしてしまうと、バストが垂れ、形が大きく崩れてしまいます。美乳を目指すには、クーパー靭帯のケアも大切です。

クーパー靭帯が伸びる、切れる原因は、激しい運動などで胸が大きくゆれてしまうことです。

それを防ぐには、スポーツ時にはご自分に合ったスポーツブラを着用しましょう。

また、ブラをつけない時間が長いと、重力の影響で徐々に胸が垂れてきます。就寝時も、ブラをつけないでいることは、垂れる原因となります。

リラックスタイムでも、ナイトブラなどをつけて、クーパー靭帯を守りましょう。

忘れないでください。一度伸びたクーパー靭帯は元に戻りません

乳房内脂肪組織(脂肪)


乳房内脂肪組織は、乳房を作る脂肪です。

「乳腺」で述べましたように、女性の胸は、主に 9割の脂肪と1割の乳腺 でできています。
バストアップするには、乳房内脂肪組織がかかせません。

ですが、脂肪は流れやすいという特長があります。

身体にあったブラをしないでいると、本来、胸にあるべき脂肪が、脇や背中に流れてしまう原因になります。

また、間違ったマッサージで、胸が小さくなってしまうことも。

ご自分のサイズにあったブラやナイトブラの着用を心がけましょう。また、正しいバストアップマッサージを行ってください。

胸の仕組みが分かれば、お手入れも効果的にできますね。特にマッサージは注意。やさしく整えるようにがんばりましょう。

いつも応援のクリック、ありがとうございます。更新の励みになります。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

効率よくコラーゲンを摂取するには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ