ホームホディケアの間違い ≫ バストアップに失敗する理由とは

バストアップに失敗する理由とは

アラフィフともなると、バストにコンプレックスを持っていても、もう歳だし、いまさら無理だと思っている人も、多いのではないでしょうか。

私は、長い間、胸がないことがコンプレックスでした。

自分なりに努力はしました。結婚前は今より自由になるお金もあったので、高い補正下着を買ったり、エステに通ってみたりもしました。

でも、結果は出ませんでした。 

若いころ無理だったバストアップが、なぜ、40代後半になってできたの?

あなたは、疑問に思われたかもしれません。

その疑問にお答えしましょう。

応援のクリック、ありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

胸
若い頃、失敗した大きな理由は、 何か一つ「だけ」をやろうとしたから です。

若い頃の間違い1:バストアップクリームを塗っただけ


一応、マッサージもしていました。

でも、今から考えると、きちんとしたマッサージではなかったような。

若い頃の間違い2:バストアップサプリを飲んだだけ


サプリを飲むだけで、サイズアップするという感じに受け止められやすいですが、飲むだけでは効果は出にくいです。

サプリはあくまでも、栄養補助食品です。不足している栄養を補うだけ。

バストの筋力をつけるための体操やマッサージも併用してこそ、バストアップ効果が期待できるでしょう。

若い頃の間違い3:補正下着をつけただけ


今は「育乳ブラ」も、種類が豊富。おしゃれなものも増えました。

身体にあったブラをつけることは、バストアップだけでなく健康にも大切です。

でも、ブラはあくまでも「形を整える」もの。

脇に流れた脂肪を整えたりすることで、多少、サイズアップします。が、もともと脂肪がない人は、集めようがありません。

若い頃の間違い4:エステに通っただけ


月に何度かエステに通っただけでは、効果は少ないです。

やはり、毎日やってこそ、効果が期待できるというものでしょう。他人任せではなく、自分の気持ちが大切です。

若い頃の間違い5:まちがったダイエット


胸はないのに、お腹はぽっこり…という、いわゆる幼児体型でした。

体重増加におびえ、話題の○○ダイエットを試したり。でも、お腹の肉は減らないのに、胸は…というありさま。

今から考えると、中途半端なダイエットでバストを支えるべき筋力をなくし、バストアップできなかったのでしょう。

一番大切なのは、ただしい生活習慣。バランスのとれた食事、十分な睡眠、適度な運動。 

これらがあってこそ、健康的に美しくなれるというもの。

不健康なのに、スタイルがいいなんてありえません。      

応援のクリック、ありがとうございます。励みになります。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

女性らしいボディラインを目指すには バストケアに最適なマッサージジェルは 肌に負担がかからない。身体の中からしっかりプロテクト