ホームアンチエイジング ≫ バストアップだけじゃない、チベット体操でアンチエイジング

バストアップだけじゃない、チベット体操でアンチエイジング

チベット体操をご存知ですか?

チベット体操とは、古代チベットの僧侶たちが瞑想に入る前に行っていた儀式がもとになった体操です。ヨガのような、呼吸を意識したエクササイズです。

ピーター・ケルダー「若さの泉」という本がもとになっています。

若さの泉…。若返りの儀式として伝えられてきました。

儀式というと大変なようですが、一日5分から始められる体操です。

え? なんだか、うさんくさい? そうおっしゃらずに、ちょっとお付き合いくださいませ。

↓一日一クリック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

チベット体操の効果とは?


チベット体操が、なぜ、若返りやダイエットに効果があるかといえば、呼吸を意識することで、身体を活性化させるからだそうです。

私がチベット体操のことを知ったのは、白髪が目立つようになり、白髪に効果があるものはないかとネット検索したのが始まりです。

以前、美輪明宏さんがテレビでチベット体操を紹介したそうで、それで人気が広がったとか。

美輪さんは、チベット体操を始めてすぐ、白髪がパラパラと抜け、それから黒い髪が生えてきたそうです!

私はチベット体操を始めてから、そろそろ10か月になります。

チベット体操を始めてすぐにあらわれた効果は、お通じが良くなったこと。

それまで、便秘というほどではありませんでしたが、加齢とともになんとなくすっきりしない日が増え……。
それが、チベット体操を始めたその日に、いままでにない爽快感♪(尾籠な話ですみません)

次に、これは本にも書いてあるのですが、始めた当初はすごく眠くなりました。

2~3日、やたら眠い日が続きましたが。それを通り過ぎると、今度は元気になりました。

活力がみなぎってくる感じでしょうか?

しばらくたって、そういえば、白髪が目立たないことに気がつきました。

いえ、黒い髪になったわけではないです。

ただ、以前のような、いかにも「白髪」ではなく。なんとなく色が薄い? 茶髪?金髪?というソフトな色合いに。

そして、一番の変化は、首からデコルテにかけて、です。

あご周りがすっきりし、シャープな印象になりました。

バストのサイズがアップしたわけではありませんが(すでにサイズアップはしてましたので)ハリがでて、ちょっと上むきに(笑)

残念ながら、ウエストが引き締まったり、体重が減ったりはしていないのですが。なんででしょう……。

首からデコルテがすっきりすると、やせて見えるみたいですね。

久しぶりに会った人、何人かに「痩せた?」とか「エステに行っているの?」とか言われました。

チベット体操は5つの体操からなります。

最初は、それぞれの体操を1日3回ずつ行うところから始めます。

5つの体操×3回ずつ。5分程度でできます。

1週間ごとに2回ずつ回数を増やしていき、10週間後、21回で完成です。

21回ときくと、ちょっと大変そうと思われるかもしれません。

でも、2回ずつ増やしていくので、それほどのストレスにはなりません。

では、チベット体操のやり方をご紹介しましょう。ヨガマットなどを使うと、やりやすいですよ。

第一の儀式

yoga005.jpg 
1.足をそろえて立ちます。
2.両腕を肩の高さにまっすぐ伸ばして、床と平行に保ちます。
3.目をあけたままで、右から左へ時計回りで回転します。
4.回転が終わったら、手を下します。
5.両手のひらを胸にあて、目線は指先に。落ち着くまでゆっくり深呼吸します。

※途中で目が回ったら、無理に続けなくていいですよ。

第二の儀式


1.仰向けになり、足を伸ばして横になります。
2.脚はとじ、腕は身体に沿わせ、手のひらは床につけます。
3.鼻から息を吸いながら、首と足をゆっくりと上げます。
4.できるだけ、足が床と垂直になるように。同時に、あごは胸に近づけるイメージで。
5.足が上がったら、口から息を吐きながら、頭と足をゆっくり床におろします。

第三の儀式


1.両ひざを床につき、肩幅程度に開きます。背筋は伸ばします。
2.両手は、お尻と太ももの境目辺りにあてます。
3.背筋は伸ばしたまま、息を吐きながら、頭だけを動かしてできるだけあごを胸につけます。
4.息を吸いながら、上体をゆっくり後ろに反らせます。下半身はまっすぐのままです。
5.上体をそらしきったら、息を吐きながらゆっくりもとの姿勢に戻ります。

第四の儀式


1.背筋はまっすぐ伸ばし、上体を立てて座ります。
2.両足は肩幅程度に開き、腕は肩からまっすぐ下し、手のひらを床につけます。この時、指先は足側に向けます。
3.息を吐きながら、背筋を伸ばしたまま、あごを胸につけるように頭を下げます。
4.息を吐ききったら、鼻で息を吸いながら頭を上へ反らし、腰を上げていきます。
5.身体が床と平行になり、テーブルのような姿勢になったら、3秒程度息を止めて静止します。
6.ゆっくりと息を吐きながら、ゆるめ、おしりをもとの位置に戻します。

第五の儀式


1.両脚を肩幅ぐらいに広げ、うつぶせになります。
2.ひじを曲げ、手のひらを肩のすぐ横で床につけます。足は床につま先を付けて立てます。
3.息を吐きながら、背骨をそらして上半身を起こします。
yoga002.jpg 

4.息を吸いながら、腰を持ち上げ、山のような形(逆Vの字)にします。
yoga001.jpg

5.かかとを床につけて、脚の裏を伸ばします。
6.息を吐きながら、3.の姿勢にもどります。

チベット体操は、無理をせずに続けましょう。

1週間ごとに2回ずつ増やすのが目安ですが、きつい時はゆっくり進めても大丈夫です。

5つ全部するのが無理な時は、第一の儀式だけでも取り入れてください。

生理中の方は、くれぐれも注意してできる範囲で。

妊娠中の方は、安全のためにお休みしたほうが無難だと思います。

応援ありがとうございます。↓クリックをお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

効率よくコラーゲンを摂取するには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ