ホームトラブルに注意 ≫ 肌だけじゃない?日焼け止めのトラブル 漂白剤でピンクに

肌だけじゃない?日焼け止めのトラブル 漂白剤でピンクに

日差し
だんだん春めいてきましたね。春は、紫外線が急に強くなる時期でもあります。紫外線対策は始めていらっしゃいますか?

紫外線対策といえば、日焼け止めを塗る方が一般的だと思います。私もこまめに、日焼け止めを塗るようにしていたのですが。そこで思わぬトラブルが発生しました。

対応に苦慮しましたが、なんとか解決できたので、皆様にシェアしたいと思います。

女磨きの情報はこちらから
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

白いシャツがピンクに!


暖かくなると、薄手のシャツや白物の出番も増えますね。でも、色が薄いものは汚れが目立つのも事実……。

衿汚れが気になるので、漂白しようと思いました。

普段、セスキ炭酸ソーダにつけ置きしたり、酸素系漂白剤を使ったりしています。でも、白シャツだし、しっかり漂白しようと塩素系漂白剤をつけてみたんですね。

そしたら! なんと、ピンクになってしまったんです!
衿汚れ

へ?! なに、これ? 一瞬、蛍光ペンか何か、混ざってしまったかと思いましたが、そんなものはありません。

布に使ってはいけない漂白剤か? とか、混乱しましたが。漂白剤のラベルを読んでも、そんなことは書いてありません(当然)

原因は日焼け止め


慌てふためいて、調べてみたら。どうやら、日焼け止めの影響のよう。

肌に塗っていた日焼け止めがシャツについて。その日焼け止めに含まれる成分が塩素系漂白剤と反応して、ピンクに変色したそうです。

日焼け止めが反応しただけで、衣類の生地そのものが変色したわけではないそうです。

こちらのサイトにも対策が掲載されています。
白い衣類を塩素系漂白剤の「ハイター」で漂白したら、衿や袖口がピンクに変色した。
住まい・衣類のトラブルSOS(Kao)より(本ブログを離れます)

上記サイトでは、濃厚な液体洗剤を使うように記載されていますが、洗濯用固形石鹸でも大丈夫です。

お湯を使いながら、丁寧に洗うことでなんとかピンクが落ちました。良かった……。

今の日焼け止めは粒子が細かくなっているので、衣類表面だけでなく、繊維の中まで入りやすく、普通に洗濯しただけでは完全には落ちにくいようです。

すべての日焼け止めでこうなるわけではないそうですが、日焼け止めがついているかもしれない場合は塩素系漂白剤のほうが安心ですね。酸素系漂白剤では、変色の心配はないそうです。

他にもある、日焼け止めによる衣類トラブル


調べてみたら、日焼け止めによる衣類トラブルって、結構あるのですね。

大切な衣類を守るには、飲むタイプの日焼け止めを使うこともいいですね。飲むタイプは乾燥を防ぎ、美白効果を高めるものがおすすめ⇒飲むホワイトケア【リブランコート】を飲んだ感想。紫外線ケア+美白をオールインワンで実現

日焼け止めによる主なトラブルは以下の3つです。

  1. 日焼け止めを塗る時についた白いシミ
  2. 定着した黄ばみのシミ
  3. 塩素系漂白剤に反応したピンクのシミ

3については上記の通りですが。そもそも漂白しようと思ったきっかけてである衿の黄ばみ自体が日焼け止めのせいだったんですね。

黄ばみは、日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤によるもの。

日焼け止めはファンデーションや口紅などと同じ化粧品、どちらかといえば油性の汚れです。衿やそでの皮脂汚れのように、しっかり部分洗いをしてから洗濯しましょう。部分洗いには、油汚れなので、台所用の中性洗剤も効果的ですよ。

ただし、衣類によっては洗濯できないものもありますので、品質表示を確認してくださいね。

応援のクリック、ありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

もちもち肌や髪のコシ、関節の痛みに 効率よくコラーゲンを摂取するには【コラゲネイド】 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放【フルミーエクオール】

ブログパーツ