ホーム正しいボディケア ≫ 腰痛対策はふくらはぎにあった! ふくらはぎを揉むことで痛みから解放

腰痛対策はふくらはぎにあった! ふくらはぎを揉むことで痛みから解放

腰痛の女性 
春とは名ばかりの寒い日が続きますね。

何度かこちらの日記にも書いていますが、私は数年前にぎっくり腰をして以来、腰痛持ちです。寒い朝は腰に堪えるんですよね……。

実は家族が入院していて、その付き添いなどで連日、病院に通っています。立ちっぱなしのことも多く、これまた腰にくる(涙)

ひどい時は、起床時に起き上がれないことも。

そんな時は、横になったまま、足首をぐるぐる回し、ふくらはぎを揉んだり。ふくらはぎを揉むと腰痛が軽くなるのですよ!

ふくらはぎと腰痛の関係についてまとめてみました。

女磨きの情報はこちらから↓
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ
にほんブログ村

なぜ腰痛になるの?


どうして腰痛になるのでしょう? 

現在、日本人の多くが腰痛に悩まされているそうです。男性では第一位、女性では肩こりについで第二位に訴えの多い症状だそうです(厚生労働省の平成25年国民生活基礎調査)

腰痛には多くの原因が考えられるそうですが、実は、原因が特定できるものはわずか15%程度。残りの85%は、検査をしても原因が特定できないそうです。

原因が分からない腰痛は、生活習慣やストレスなどが影響しているともいわれます。

また、大きな原因のひとつに、筋肉の緊張が挙げられます。

筋肉の緊張とは?


筋肉が緊張するのは、過度の負担をかけたり、逆に運動不足だったりするのが原因です。

過度に負担がかかると、乳酸や老廃物質などが排出できずに痛みの原因になります。ですが、これは数日もすれば正常に戻り、痛みも治まるでしょう。

一方、運動不足の場合、筋肉を動かさないことが痛みの原因にあるのです。筋肉は収縮することで、血液を送り出す、いわばポンプの役割を担っています。筋肉を動かさないでいると、乳酸や老廃物質が溜まってしまうのです。

腰痛とふくらはぎとの関係


筋肉が緊張することで腰痛になります。腰を揉んだり、マッサージすることで、痛みが軽減することもありますが、下手に素人がすると筋肉の炎症を引き起こす場合もあります。

血流を良くして、痛みの物質である老廃物を血液の流れで流すことで、痛みを和らげることができます。

血流をよくするには、ふくらはぎが効果的なのです。

ふくらはぎは第二の心臓


ふくらはぎは第二の心臓といわれています。

下半身は心臓より下にあります。下半身の血液を心臓に戻すには、重力に逆らわなければいけません。ふくらはぎの筋肉が伸縮することで、身体の下から上へと血液が流れます。

つまり、ふくらはぎは、血液を心臓に押し上げるポンプの役割をするのです。

ふくらはぎの不調は全身の不調につながる


特に女性はスカートなどで足を出す機会も多く、ふくらはぎは冷えやすい部位です。

健康な人のふくらはぎは、やわらかく弾力性があるのですが、疲れが溜まったり、冷えたりすると、筋肉が硬くなってしまいます。

ふくらはぎの筋肉が硬くなると、血液を押し出す働きが悪くなり、全身の血流が悪くなってしまいます。

冷えて固まったふくらはぎをほぐすことで、腰痛だけでなく冷え性や肩こりなどの解消にも効果があるとさ言われています。

ふくらはぎをほぐして全身快適に!


ふくらはぎをほぐすには、足先をしっかり動かすことが効果的です。

1.足首を回してみる

先に書いたように、足首をぐるぐる回すだけでも効果がありますよ。その際、右回り10回、左回り10回というように、一方方向だけでなく、両方向に回してみましょう。

2. かかと上げ下げ運動

かかとを上げ下げしてみましょう。10秒上げて、10秒下げることを2~3回ずつ、数回に分けてやってみましょう。

階段などの段差につま先を置くと、より運動効果があがりますが、無理のない範囲でやってくださいね。

ふくらはぎサポーターの利用も


ふくらはぎにサポーターをつけると、筋肉のブレを防ぐため、疲れにくく関節痛などの予防になります。また、段階的に圧力をかけるコンプレッションタイプは、血流の流れがよくなり、冷え性やむくみの対策にも期待ができます。

でも、私はふくらはぎだけにするサポーターは、膝の下にゴムがあたって、違和感を覚えることが多く、長時間つけることはできませんでした。

そこで活躍したのが、スパッツタイプです。

おすすめのスパッツタイプはこちらの記事でレビューしています⇒
芸能人も愛用【リンパマッサージセルライトスパッツ】を使った感想 冷え性にも効果的!

圧がかかるため、ふくらはぎを自然にマッサージしてくれるのはもちろん、骨盤をしっかりホールドしてくれるので腰が軽くなるのがさらに良かったです。

暖かさを感じるのもこのスパッツの大きな利点ですね。

先に述べたように、病院の行き帰りに寒い思いをしたのですが、お陰様で下半身が冷えずに済みました。

ただし、織りの違いが縞のようになっているので、そのまま外に履いていくのはちょっと恥ずかしいので、ワイドパンツやロングスカートの下に履き、目立たないようにしていきました。

一番大変なのは、入院している本人ですが、付き添う方も負担はかかりますね。大切にして身体を守りましょう。

応援のクリック、よろしくお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ
にほんブログ村

管理人のおすすめ商品レビュー

もちもち肌や髪のコシ、関節の痛みに 効率よくコラーゲンを摂取するには【コラゲネイド】 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放【フルミーエクオール】