ホームスキンケア ≫ 手の荒れ解消法! あなたのハンドクリームの塗り方は間違っていた?【あさイチ】

手の荒れ解消法! あなたのハンドクリームの塗り方は間違っていた?【あさイチ】

爪のケア
2018年1月9日のNHK「あさイチ」で「肌荒れ解消!取り戻そうツルツルお肌」と題して、手の肌荒れやかかとのガサガサについて放送されました。

1月は1年のうちで、もっとも乾燥する時期。もっとも肌荒れが気になる季節でもありますね。でも、ちょっとひと手間かけるだけで、解消できることも多いんですよ。

近年増えている手の悩みとはなにか? その解消法は? 皮膚科専門医のアドバイスが紹介されました。

女磨きの情報はこちらから
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

近年増えている手荒れの症状とその解消法は?

増えている指先の荒れ 原因は?

番組では、創業60年の製薬会社が登場してました。製薬会社によると、ここ数年、手荒れの中でも「指先」の荒れに悩む女性の声が多くなったそうです。

なぜ、指先の荒れが増えたのでしょうか?

皮膚科専門医の野村有子先生によれば、その理由はスマートフォン。スマートフォンやパソコン、タッチパネルなど、電子機器を利用する機会が増え、指先を酷使することが増えたのが原因だそうです。

指先のチェックをしてみよう

指先をまじまじと見ることはあまりないですよね。なので、荒れに気がつきにくく、ぱっくり割れたり重症化してしまうそうです。

そうならないために、指先をチェックしましょう。

製薬会社広報の五嶋文乃さんが紹介してくれたのは、スマートフォンのカメラ機能を使った「ハンドセルフィー」です。

指先が見えるように手のひらを軽く握った状態で、10㎝離してスマートフォンのカメラで撮影します。撮影した画像を拡大し、丁寧に指先をチェックします。カメラで撮影することで指荒れに気づき、重症化を防ぐのです。

指先が白っぽくなっていたら要注意。全体的に乾燥している証拠ですよ。

あなたのハンドクリームの塗り方は間違っていた?


ハンドクリームを塗っているのに、どうして指先が乾燥するの?とお思いの方もいらっしゃるかも。

実は、きちんとハンドクリームを塗っているつもりでも、意外と塗り残しが多く、しっかり塗れている人は意外と少ないのです。そこで番組では、皮膚科専門医の澤田美月先生が正しいハンドクリームの塗り方を教えてくれました。

  1. ハンドクリームの量。チューブタイプのハンドクリームで、人差し指の指先から第一関節までに乗るクリームの量が、手のひら2面分程度の面積に塗る量の目安です。両手の裏表を塗るには、指先から第一関節×2の量が必要です。
  2. 適量のハンドクリームをとったら、手のひらでクリームを温めます。温めることでクリームの伸びが良くなり、さらに肌への浸透も良くなります。
  3. 全体的にクリームを塗り広げます。指の間もしっかり塗りましょう。
  4. 指は一本ずつ丁寧に塗ります。指先は回しながら、塗りましょう。爪の生え際もしっかり、第一関節からくるくる回しながら塗りましょう。
  5. 最後に、手首までしっかりなじませます。出してみると多いと感じるかもしれませんが、指先、とくに爪の生え際、さらに、手首まできちんと塗るとそこまでベタつかず、水仕事のあとや寝る前などにこのケアを行うと手荒れの改善につながるそうです。

ハンドクリームが多いと感じるかもしれませんが、指先から手首まで丁寧に塗り広げると、そこまでベタつきません。塗る頻度は一日何度でもOKです。水仕事や入浴後にこまめにケアすることで手荒れの解消につながるそうです。

爪の手入れについては、こちらの記事をご覧ください⇒爪にも年齢が出る、健やかな爪を保つ方法

まとめ ハンドクリームはたっぷりと


ハンドクリームを塗っているつもりでも、意外と塗り残しがあるんですね。私も使っているハンドクリームの量が適量より少ないことが分かりました。今後はしっかり塗るようにします。

また、水仕事の時に使えるハンドクリーム(ハンドミルク)もありますね。私は台所において洗い物をする前に塗るようにしています。手袋だとやりにくいので、ハンドミルクのおかげで助かっています。ハンドクリームもいろいろなタイプが出ているので、生活にあわせて使い分けたいですね。

応援のクリック、ありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

もちもち肌や髪のコシ、関節の痛みに 効率よくコラーゲンを摂取するには【コラゲネイド】 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放【フルミーエクオール】

ブログパーツ