ホーム正しいボディケア ≫ その不調は【冬バテ】かも? 寒暖差による自律神経の乱れに要注意!

その不調は【冬バテ】かも? 寒暖差による自律神経の乱れに要注意!

凍える女性
今年は12月22日が冬至ですね。冬至とは「1年でいちばん日照時間が短い日」のことです。

寒さもいっそう厳しくなるこの時期。なんだか、疲れやすく感じることはありませんか?

それは、夏バテならぬ「冬バテ」かもしれません。ほっておくと、自律神経のバランスがどんどん悪くなり、春まで長引いてしまうかも?!

冬バテに対処するにはどうすればいいのでしょうか?

女磨きの情報はこちらから
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

冬バテとは? 寒暖の差による自律神経の乱れ


寒さが厳しいこの時期、暖房を使うことで、室内と外との気温差も大きくなり、身体への負担が大きくなります。それは、寒暖差が激しいと、その気温差に対応しようとして、身体は必要以上にエネルギーを消費してしまうからです。

エネルギーを過剰に消費して疲労してしまうと、自律神経が乱れ、自覚している以上に冷えの症状が進行してしまう危険性があります。

さらに、寒暖差による疲労は、冷えだけではなく、肩こり、めまい、顔のほてり、食欲不振など、さまざまな不調を引き起こしてしまうことも。

ほっておくと、自律神経の働きがどんどんアンバランスになってしまいます。

あなたは大丈夫? 冬バテチェックシート


あなたは冬バテになっていませんか? 以下の症状がないか、チェックしてみてください。
  1. 顔など特定の部位がむくみやすい
  2. 手足が冷えてつらい
  3. 身体を動かしても、汗をかかない
  4. 胃腸の調子が悪い(食欲の低下、下痢・便秘など)
  5. 肩こりなどを強く感じる
  6. 十分に睡眠をとっても疲労感がある
  7. 集中力が続かない
  8. 冬は頭痛の回数が増える

いくつ当てはまりましたか? 半分以上が当てはまると、十分に可能性があります。症状が重い場合は、病院で相談することも考えましょう。

冬バテを改善する4つの対策

 
冬バテを改善するには、身体を温め、冷えを解消することが効果的です。

対策1:身体を温める

身体全体を温めるには、入浴が効果的です。

入浴には、体内の老廃物や疲労物質が取り除かれる「温熱作用」、血液やリンパの流れをよくする「水圧作用」、筋肉や関節を休ませることができる「浮力作用」の3つの効果があります。

身体がじんわり温まり、副交感神経の働きを良くするのは、38~40℃のお風呂にゆっくりつかることです。10分以上を目安につかりましょう。

炭酸ガス入りの入浴剤を使うと、身体もすばやく温まり、湯上り後の暖かさも長続きしますよ。炭酸入浴を続けると、寒暖差に対する耐性と関係の深い「血管応答性」が高まるといわれています。

重炭酸の力で身体を温める、おすすめの入浴剤はこちらの記事でレビューしています⇒注目の「温活」療法、薬用ホットタブ重炭酸湯のススメ

対策2:身体を急に冷やさない

身体を急に冷やすと、自律神経のうち、交感神経が緊張状態になります。室内と屋外との気温差を少なくするように工夫しましょう。

上着だけでなく、マフラーやスカーフで首元を冷やさないようにしましょう。また、手袋やマスクなどの小物も効果的です。

対策3:軽い運動 姿勢と呼吸を意識する

自宅でゆっくりとできる運動を続けましょう。また、呼吸をするときは、ゆっくりと息を吐くことを意識しましょう。猫背にならないように姿勢に注意。

深い呼吸を心がけ、軽い運動を行うことで、自律神経のうち、副交感神経が優位になります。

対策4:食事に気をつける

バランスのよい食生活を心がけましょう。バランスの良い食事は「まごわやさしい」です。「まごわやさしい」についてはこちらの記事をご覧ください⇒「まごわやさしい」でバストアップ

また、食材には身体を温めるものと冷やすものがあります。身体を温める食材を積極的にとりましょう。

食事の際は、よく噛むようにしましょう。よく噛むことで、アドレナリンやノルアドレナリンなどを抑制する効果もあります。アドレナリンが抑えられることで、イライラが落ち着きやすくなります。

さらに、よく噛むことで、内臓に負担をかけずにゆっくりと消化吸収されるようになります。ゆっくりと消化吸収されることで、少量の食べ物でも、血糖値がゆるやかに上がって満腹中枢が刺激され、満足できるようになります。暴飲暴食を抑えることができるので、ダイエット効果も期待できます。

始めましょう「温活」


昔から、特に女性には冷えは大敵だといいますね。昨今は「温活」という言葉もあるぐらい、身体を温めることの重要性が叫ばれています。

まずはゆっくり入浴して、身体を温めるところから始めてみては? 冬至の今日、柚子湯にしました。入浴を楽しめるよう、入浴剤もこだわりたいと思います。

応援のクリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

もちもち肌や髪のコシ、関節の痛みに 効率よくコラーゲンを摂取するには【コラゲネイド】 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放【フルミーエクオール】

ブログパーツ