ホーム正しいボディケア ≫ ビタミンDが決め手だった! 骨のパワーで美容と健康、痴呆予防にも【あさイチ】

ビタミンDが決め手だった! 骨のパワーで美容と健康、痴呆予防にも【あさイチ】

腰痛の女性
12月13日放送のNHK「あさイチ」で、「骨 驚きのパワーとケア術」と題して、骨が美容や健康に影響を与えることや骨を丈夫にするための方法が紹介されました。

骨粗しょう症といえば、お年寄りに多いイメージでしたが、若くても油断はできません。40代女性の30人に1人、50代女性では4割が骨粗しょう症のリスクを抱えているといわれています。

その理由は、ビタミンDにありました!

女磨きの情報はこちらから
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

20代でも骨粗しょう症! 女性の骨が危ない


今、骨に不安がある女性が増えているそうです。番組では、20代で骨粗しょう症と診断された女性が登場しました。

骨粗しょう症の原因は、次のようなものが挙げられます。
  • 更年期
  • 遺伝
  • やせ型
  • 運動不足
  • ダイエット
  • ビタミンD不足

なかでも、今、増えているのがビタミンD不足です。すべての年代で8割以上の人がビタミンDを不足しているという調査結果が出ました。

カルシウムの吸収を助けるビタミンD

ビタミンDは、カルシウムの吸収を助け、骨に吸着する働きもします。ビタミンDが不足すると、いくらカルシウムをとっても、吸収されません。骨を丈夫にするには、カルシウムとビタミンDの両方が必要なのです。

ですが、現代では、ビタミンDが不足している人が増えています。その理由は、紫外線を極端に避けることです。

ビタミンDは、皮膚の中にある脂質の一種が紫外線を浴びることで生産されます。その量は、紫外線の量に大きく関係しているそう。

極端に紫外線を避ける生活を続けると、ビタミンDが不足してしまう原因になるのです。

でも、紫外線は肌に悪影響といわれてます。シミ、しわなどの肌の老化はもちろん、皮膚がんにも影響するといわれていますが。一体、どうすればいいのでしょうか?

骨のための日光時間

ビタミンDを作り出すためには、どのくらい日に当たる必要があるのでしょうか?

昨年、国立環境研究所 地球環境研究センターによって、全国10か所の地点で、必要なビタミンDを生成するための日光浴の時間が発表されました。

それによると、8月上旬は、北海道や関東では5分間、沖縄では4分間、日に当たるだけで十分なビタミンDが作られることが分かりました。

ですが、12月中旬では、沖縄では30分、関東では65分、北海道では300分、日に当たらなければいけませんでした。

日にあたるのは屋外においてです。ガラス越しでは、紫外線がカットされてしまうので、効果がないそうです。


ビタミンDを食事でとるには

冬場は、紫外線を浴びても、必要なビタミンDを作ることが難しいことがわかりました。そこで、食事やサプリメントで積極的に補給しましょう。

ビタミンDは、魚やきのこに含まれています。天日干ししたものが効果的です。1日の摂取量の目安は、次の通りです。
  • さけ 2分の1切れ(50g)
  • いわし 1尾(50g)
  • さんま 1尾(100g)
  • きくらげ(乾) 20g

ビタミンDの1日の摂取量の目安は、600~800IUです。

サプリメントをとる場合は、1日の摂取量の目安を越えないようにしましょう。過剰に摂取すると、腎機能の低下などが起こる危険性があります。

驚きの骨パワー 骨は美容や健康に深く関係


最新研究で、骨からさまざまな物質が分泌され、他の臓器をコントロールしていることが分かりました。いわば、骨は全身の司令塔。骨を丈夫にすることで、認知症や糖尿病の予防、肥満防止に効果があることが分かってきました。

骨細胞 不足すると老化を招く

骨細胞は、骨組織の基本細胞であり、骨の90%以上を占めます。

マウスを使った実験から、骨細胞が不足すると、栄養失調、筋力低下を招き、一気に老化が進むことが分かりました。骨細胞が増えると、低下した機能も回復しました。

骨ホルモンは脂肪を分解

骨から出るホルモン「オステオカルシン」は、骨を作るタンパク質です。膵臓のインシュリンの働きを促進するため、糖尿病の予防に効果があることがわかってきました。また、脂肪細胞を分解するので、肥満防止にも効果があります。

このオステオカルシンをしっかりと分泌させるには、ビタミンDが欠かせません。また、階段の上り下りやなわとびなど、骨に重力の負荷がかかる運動が効果的です。

紫外線と賢く付き合おう


近年、紫外線の害がさけばれていますが、私が子供の頃は日焼けは健康的なイメージでした。「日焼けすると、風邪ひかない」などと言われたものです。

有害な紫外線が増えているので、日焼けしすぎるのも問題がありますが、適度に日光浴することは大切なんですね。身体の部位がどこか出ていればいいそうなので、顔は日焼け止めして、手で日を浴びるなどで、対応していきたいですね。

応援のクリック、いつもありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログへ

管理人のおすすめ商品レビュー

もちもち肌や髪のコシ、関節の痛みに 効率よくコラーゲンを摂取するには【コラゲネイド】 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放【フルミーエクオール】

ブログパーツ