ホーム正しい下着選び ≫ ブラトップは胸が垂れる?垂れを防ぐ使い分け

ブラトップは胸が垂れる?垂れを防ぐ使い分け

ブラトップ
カップが付いたキャミソールやインナーであるブラトップ

ユニクロが2008年に販売開始、その使いやすさから大ヒットし、今は扱っているメーカーも増えましたね。ブラの締め付けから開放されるので、愛用している女性も多いようです。

でも。ブラトップは胸が垂れる……と心配になっている人もいるのでは?

ブラトップには、胸が垂れるという説と垂れないという説があります。

それぞれを確認し、胸が垂れるのを防ぎましょう!

↓応援のクリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

ブラトップで胸は垂れるのか?


開放感が人気のブラトップ。

特に、夏の汗ばむ季節には、必需品になっている人も多いのでは。

でも、スタイルが崩れてしまうとしたら、とても残念なこと。

まずは、胸が垂れる説とその理由をご紹介します。

ブラトップで胸が垂れる説

なぜ、ブラトップを着ることで胸が垂れると言われているのでしょう。

それは、ブラトップはブラジャーのようには胸を支えてくれないからです。

基本的にタンクトップにカップをつけただけなので、ブラのようにアンダーバストやサイドを支えてくれるものがありません。

支えがないことで、胸を支えているクーパー靭帯が切れたり、伸びたりしてしまい、胸が垂れる原因となります。

クーパー靭帯について、くわしくはこちらをご覧ください⇒バストアップのための胸の構造

クーパー靭帯は、一度、切れたり、伸びたりしてしまうと、修復不可能といわれています

このような理由から、ブラトップを着用すると胸が垂れると言われています。

ブラトップで胸が垂れない説

では、ブラトップで胸が垂れない説とは、どんな説でしょうか?

フランスのブザンソン中央医学大学の研究チームが実証した結果によれば、ノーブラにより、年間7ミリの垂れ防止効果があるそうです。


それによれば、ブラをしていることで、胸周辺の筋組織や胸を支えているクーパー靭帯が衰えてしまうため、胸が垂れてしまうそうです。

歩かないと足の筋力が落ちてしまうのと同じような原理でしょうか?

ノーブラでいると、筋組織などが適度に刺激を受けるため、胸のリフトアップが望めるそうです。

ということは、ブラトップを着用することで胸が垂れるどころか、逆にアップするということも考えられますね?

では、どうすればいいのでしょうか?

いつでもどこでもブラトップはNG


日常生活では、ブラトップで大丈夫でしょう。

とはいえ、ブラトップでは、ダメな場面もあります。

激しい運動時にブラトップはNG

まずは、ジョギングやスポーツなど運動時。胸が大きく揺れることで、クーパー靭帯を傷つける原因になります。

それを防ぐために、スポーツ時はご自分に合ったスポーツブラを着用しましょう

就寝時にブラトップはNG

横になることで、胸の形を作っている脂肪が、脇や背中へと、流れてしまいます。

ノーブラ状態で眠ると、胸の形が悪くなるんですね。

また、ブラトップでは脇や背中へ流れる脂肪を支えきれません。

胸が垂れる、左右に離れるのを、早めることに…。

眠る時には、ナイトブラを必ず着用しましょう

その場にあった下着をつけて、美しいバストラインを保ちながら快適に過ごしたいですね♪

↓いつも応援ありがとうございます。クリックが励みになります。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

効率よくコラーゲンを摂取するには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ