ホームカラダによい食べ物 ≫ 8月31日は「野菜の日」 エイジングケアが期待できる野菜とは?

8月31日は「野菜の日」 エイジングケアが期待できる野菜とは?

野菜
8月31日は「野菜の日」だそうです。

1983年に全国青果物商業協同組合連合会など9団体が、
「もっと野菜のことを知ってほしい」
「野菜をたくさん食べてほしい」
という想いで「8(ヤ)3(サ)1(イ)」の語呂合わせから制定した記念日だそうです。

野菜には、ビタミン、ミネラル、ポリフェノール、食物繊維など、美容と健康に役立つ栄養素がつまっていますね。

なかでも、エイジングケアに効果を期待できる野菜を取り上げてみました。

女磨きの情報はこちらから
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

老化の原因「活性酸素」


お肌のシワやたるみなどの老化現象には、活性酸素が関係しています。

本来、活性酸素は、細菌やウイルスを撃退し、健康を守る働きをしています。

一般に、呼吸で取り入れた酸素のうち、約2%ほどが活性酸素になるといわれています。

活性酸素は、適量であれば、細胞を守ってくれます。

ですが、量が増えすぎると、健康な細胞を酸化させてしまいます。 

酸化は、細胞をサビさせてしまうことです。

酸化すると細胞の老化が早まるので、体内のあらゆる組織が衰えていきます。

エイジングケアに効果あり?! 抗酸化成分とは


抗酸化成分は、老化の原因となる活性酸素を取り除いてくれるものです。

おもな抗酸化成分には、次のようなものがあります。
  • ビタミンA(βカロテン)
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ポリフェノール
  • ルティン
など
 
これらの抗酸化成分は、野菜や果物などの植物性の食品に多く含まれています。

エイジングケアが期待できる野菜


かぼちゃ

かぼちゃ

かぼちゃは、抗酸化ビタミンのβカロテンビタミンEが豊富です。

また、ルテインも豊富です。

ルテインは、目の中で抗酸化作用を発揮します。

目は、光や紫外線などの刺激を受けます。

受け取った光や紫外線は、活性酸素を発生させる原因となります。

ルテインは、おもに青色光を吸収し、目で発生した活性酸素を無効化してくれます。

ちなみに、ルテインやβカロテンは、カロテノイドと呼ばれる天然色素の一種です。

かぼちゃをはじめとする緑黄色野菜に多く含まれています

かぼちゃは、食物繊維も多いので、便秘の解消にも効果的です。

キャベツ 

キャベツ

キャベツは、ビタミンC、ビタミンK、ビタミンU、食物繊維などが豊富です。

なかでも、ビタミンUキャベジン)は、キャベツから見つかった成分で、キャベツの特徴ともいえます。

胃腸の調子を整えるはたらきがあり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の予防効果が期待できます。

ビタミンKは、血液を固めるはたらきがあります。

出血した際に、血を固めて止血を促します。

また、骨を丈夫にするはたらきもあるので、骨粗しょう症などの予防に効果的です。

トマト 

トマト

トマトは、天然色素であるカロテノイドの一種、リコピンが豊富です。

トマトの赤色は、リコピンの赤です。

リコピンには、強力な抗酸化作用があります。

美肌効果のほか、血糖値を下げたり、動脈硬化を予防する効果も期待できます。

にんじん

にんじん


にんじんは、βカロテンが豊富です。

その量は、野菜類のなかでもトップクラス

100gあたりのβカロテン含有量では、西洋かぼちゃ3900 μgに対し、にんじんは9100 μg と倍以上です。

βカロテンは、体内で必要な分だけビタミンAに変換されます。

ビタミンAには、皮膚や、鼻・のどなどの粘膜、胃や腸の粘膜を正常に保つはたらきがあります。

ウィルスに対する抵抗力があるため、免疫力の向上や、肌トラブルの改善などにも効果が期待できます。

パプリカ

ピーマン、パプリカ

ピーマンは、ビタミンCが豊富です。その量は野菜類のなかでもトップクラス。

血液をサラサラにする効果のあるピラジンや、βカロテンも多く含まれています。

ピーマンが苦手な方は、パプリカがおすすめです。

βカロテンの量では、パプリカの方が多く含まれています

パプリカについては、こちらの記事もご覧ください⇒パプリカでアンチエイジング おすすめのレシピをご紹介【あさイチ】

特性に応じて摂取しよう


一口に抗酸化成分といっても、それぞれ特性が異なります。

例えば、ビタミンAやビタミンEは、油に溶ける「脂溶性ビタミン」です。

炒めものなど、油といっしょに調理することで吸収率を高めることができます。

一方、ビタミンCなどは「水溶性ビタミン」です。

水に溶けやすいため、スープなど丸ごといただける料理がおすすめです。

それぞれの特性に応じて、料理を考えるのも楽しいですね。

料理を考えることは、脳トレにもなるとか。

日々の食事の支度は、時にはおっくうになるのですが、楽しみながら、エイジングケアにつとめましょう。

応援のクリック、ありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

女性らしいボディラインを目指すには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ