ホームカラダによい食べ物 ≫ 健康長寿の秘訣は発酵食品 決め手は乳酸菌【林修の今でしょ!講座】

健康長寿の秘訣は発酵食品 決め手は乳酸菌【林修の今でしょ!講座】

納豆
8月29日放送「林修の今でしょ!講座」は、健康長寿の方、1000人を調査し、長生きできる秘訣を徹底検証していました。

その結果、約9割の方が発酵食品を食べているそうです。

なかでも、日本の伝統的な発酵食が多かったそうです。

発酵食品には、どのような力が隠されているのでしょうか?

女磨きの情報はこちらからどうぞ
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

発酵食品のパワーは?


健康長寿の方、約9割の人が日常的に食べているという発酵食品。

発酵食品は、食材についた微生物が自らの持つ酵素により、でんぷんやタンパク質を分解し、アミノ酸や糖分などの物質を作り出し、食材の味や香りを豊かにするとともに、栄養成分も豊富にするものです。

発酵食品の3大パワー
  • もともとの栄養素がさらにパワーアップ
  • 発酵の過程で新しい栄養素ができる
  • 栄養がより吸収されやすくなる

よく食べてる発酵食品は?

第1位.ヨーグルト

ヨーグルトには、カルシウムが豊富に含まれ、腸内環境を整える働きがあります。

腸の中の善玉菌が多いほど、ガンにかかりにくい、免疫機能が高まり、インフルエンザなどの病気になりにくい、高血圧予防やアレルギーを抑える効果があるといわれています。

また、バナナなどに含まれるオリゴ糖は善玉菌のエサになるので、腸内環境を改善するといわれています。

ヨーグルトと一緒にとると、さらに乳酸菌とのWの効果が期待できます。
 

第2位.納豆

納豆には、他の食べ物にはあまりないビタミンK2が豊富に含まれています。

ビタミンK2は、カルシウムを骨に届ける大切な栄養素です。骨粗しょう症の予防に効果的なのです。

また、最近、納豆にキムチと併せて食べると、キムチに含まれる乳酸菌が10倍に増えるという研究結果が出たそうです。

納豆が作る成分が乳酸菌のエサになるそう。

「納豆キムチ豆腐」にすれば、カルシウムも同時にとれるのでおすすめだそうです。

納豆は、混ぜれば混ぜるほど、おいしいといいますね。

納豆が糸を引くのはグルタミン酸。まぜることで、さらに糸をひくのでおいしさがアップするそうですよ。

実は、これも健康長寿に関係しています。

最近、ノーベル賞受賞者の大隅良典先生が発見したメカニズム「オートファジー」が注目されています。

オートファジーは細胞に溜まったゴミを再利用するシステムです。

納豆に含まれる成分「スペルミジン」には、このゴミを再利用する働きを促進する効果があることが分かったそうです。

年齢とともに脳の細胞にゴミが溜まりやすくなりますが、納豆のスペルミジンがゴミを処理して再利用してくれるので、老化防止につながるのです。

関西の方は納豆が苦手な人が多いといわれますが、このスペルミジンはきのこにも含まれるそうです。

納豆が苦手な方には、きのこがおすすめです。

納豆とヨーグルトの効果的な食べ方については、こちらの記事もご覧ください⇒発酵食品、その食べ方はもったいない 整腸パワーを引き出す方法【健康カプセル!ゲンキの時間】

第3位.味噌

味噌には、赤味噌と白味噌があります。

赤味噌は、メラノイジンという物質で抗酸化作用があります。がんと戦う細胞を活性化する効果が期待されます。

白味噌は、発酵の過程でGABA(ギャバ)が生まれ、リラックス効果や血圧を下げる効果が期待されます。

GABAは、赤味噌にはありません。

赤味噌と白味噌では効果が違うので、両方食べた方がいいそう。

食べる分量も腸内細菌を保つ量で。

味噌は一度に大量に食べるよりも、朝昼晩とこまめに食べるとより効果的だとか。

年齢とともに、たんぱく質の消化が遅くなりますが、味噌をとることで微生物が消化してくれて身体への吸収もしやすくなるそうです。

お味噌汁の効果は?


うちは合わせ味噌を使っています。

合わせ味噌は、一般的には白味噌7に赤味噌3の割合で合わせるそう。

二種類以上の味噌を合わせることで、より一層コクが出るのです。

ということは、白味噌と赤味噌のダブル効果がある???

日本食の基本である、味噌汁とご飯を一緒にとれば、必須アミノ酸をバランスよくとることができるそう。

しっかりお味噌汁を飲んで、健康パワーをもらっちゃいましょう。

応援のクリック、ありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

効率よくコラーゲンを摂取するには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ