ホームメイクお役立ち ≫ 40代、50代に人気の口紅 年齢に合ったリップカラーとは?

40代、50代に人気の口紅 年齢に合ったリップカラーとは?

口紅
なんとなく、口紅がしっくりこない、口紅だけ浮いてしまう……。

そんなお悩みはございませんか?

私は、それまで気に入って使っていた口紅が合わなくなってきました。

実は、アラフィフ女性で口紅の色に悩んでいる方は多いのです。

アラフィフになると、肌の色も若い頃とは違ってくるもの。

アラフィフ女性の口紅の選び方のポイントをシェアしますね。

女磨きの情報はこちらから
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

若返りメイクのコツ


以前、40代からの若返りメイクをご紹介しました⇒若返りメークで脱おばさん! 決め手は目力【ごごナマ】

老け顔のポイントは、
  1. 配置老け 眉が上がり、口角が下がってしまい、老け顔に。
  2. シワ嫌い シワを隠そうとファンデーションを厚塗りにするとかえってシワが目立つことに。
  3. 肌の黄ばみ 若い頃は色白の方も、年齢とともに肌が黄ばんでくる。

この老け顔のポイントを抑える若返りメイクのコツは、目元と口元

紫系(おすすめはブラックパール)のアイラインで目元をくっきり、マスカラで目力アップ。

年齢と共に眉が細くなるので、眉はしっかり。「太く、短く、ストレートに」書きます。

そして、口紅。

口紅は、色よりも質感が大切とありましたが、やはり色も気になるもの。

口紅の色は、どのように選べばいいのでしょうか?

アラフィフは口紅選びが難しい?


上記にも書きましたが、年齢と共に肌が黄ばんでくすんできます。

肌の酸化や糖化により、だんだんと黄くすみが目立ってきてしまうのです。

「口紅がしっくりこない」、「口紅が浮いてしまう」というのは、肌と口紅の色のバランスがとれていないからなのです。

アラフィフになったら、肌の黄ぐすみを考えて、口紅の色を選ぶ必要があります。

アラフィフに似合うリップカラー


アラフィフに似合うリップカラーは、どのような色でしょうか。

派手な濃いめの色ではなく、少しくすんだ感じの温かさのある色がおすすめです。

黄味がかったくすみ肌には、同色(やや黄色)を含んだ口紅の色が肌の色とフィットします。

肌を明るく見せようとして、口紅を明るいビビッドな色にすると、かえって顔が暗く見え、口紅だけが浮いて目立ってしまいます。

また、黄色とぶつかる青味のあるピンクやローズ系も、くすんだ肌にはあいません。

おすすめの色は、ベージュ系やブラウン系、くすみを帯びたオレンジ系です。

ピンク色を選ぶなら、薄めのピンクか、ベージュピンクなどがよいでしょう。​

アラフィフにおすすめのリップカラー

  • ベージュ系
  • ブラウン系
  • くすみを帯びたオレンジ
  • 薄めのピンク
  • ベージュピンク

アラフィフにおすすめの口紅は? 口紅選びのポイント


口紅選びのポイントは
  • 表情が明るく見えるか
  • 自分の肌色に合うか
  • 乾燥しないか
  • 縦シワが目立たないか
  • 実際に試してみる

一番のポイントは、ご自分の肌の色に合うかどうかです。

次に、表情が明るく見えるかどうか、若々しい印象を与えられるかどうかを考えましょう。

ご自分の肌の色と似合う色でしたら、口紅が浮かず、自然な状態で顔全体の雰囲気が明るくなるでしょう。

さらに、乾燥しないかどうか、縦しわを目立たせないようにカバーしてくれるのかが大切になります。

アラフィフになると、肌や唇の乾燥が目立つようになります。

また、唇の縦しわが目立つようになってくるので、しわをカバーすることで、年齢より若く見えることができます。

唇に潤いを与え縦しわが目立たなくなる保湿効果のある口紅を選びましょう。

口紅の上からリップグロスなどでつやを出すと、光の反射で縦しわが目立たなくなりますよ。
リップグロス

また、実際にお店で試すことも大切です。

「いざつけてみたら、似合わなかった」「思ったよりも唇が乾燥する」ということはよくある失敗です。

インターネットなどで購入する前には、必ず、サンプルをもらって試してみましょう。

自分にあった口紅でマイナス5歳


口紅を選ぶポイントは、顔全体のバランスに合うかどうかです。

肌の色と口紅を合わせて、自然な印象ならば、ご自分にあった色だといえましょう。

肌にあった色を選ぶことで、顔色も明るく見え、自然と表情も明るく見えるでしょう。

若返りメイクでマイナス5歳を目指しましょう。

応援のクリック、ありがとうございます。 
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

効率よくコラーゲンを摂取するには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ