ホーム疾患 ≫ 貧血は女性だけでない? ほうっておくと危険な貧血とは【健康カプセル!ゲンキの時間】

貧血は女性だけでない? ほうっておくと危険な貧血とは【健康カプセル!ゲンキの時間】

悩む
7月30日放送のTBS「健康カプセル!ゲンキの時間」で、「〜女性だけでなく男性もキケン!〜侮れない!貧血の実態」と題し、夏こそ注意すべき貧血の実態が紹介されました。

夏は、他の季節の以上に立ちくらみなどがあるという方も多いのではないでしょうか?

このような貧血の状態を放っておくと、命に関わる病気を招く危険性もあるそうです。

女磨きの情報はこちらから
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

貧血の基礎知識

貧血になると口内炎になりやすい

番組の貧血基礎クイズでは、貧血になると口内炎になりやすいとのこと。

貧血になると、粘膜の細胞が十分に作られなくなってしまうので、口内炎になりやすいそうです。

50歳未満女性の約22%が貧血?

2006年の調査によれば、50歳未満の女性の22.3%が貧血だそうです。

5人に1人の割合で、貧血の女性がいるということですね。

貧血は女性だけでない

貧血の主な症状は、動悸やめまい、息切れなどです。

NTT東日本関東病院 臼杵憲祐先生によると、同じ貧血でも、放っておいても大丈夫な場合と大事に至る場合とがあるそうです。

女性は月経のために、血を失うことが多いので、貧血になる割合も高くなります。

ところが、男性の場合、知らないうちに体内で出血している場合があるそうです。

便から血液が出てしまっていることもあり、胃がんや大腸がんになっている可能性も。

貧血と赤血球の変化

赤血球は、正常の場合、きれいな丸の形をしていることが多いです。

ですが、貧血になると、中心が的みたいになっている標的赤血球や変な形の奇形赤血球ができてくるそうです。

鉄欠乏性貧血とは

貧血の種類で多いのは、鉄欠乏性貧血だそうです。

赤血球は、鉄分によってヘモグロビンが作られ、酸素と結びついて、身体のいろいろなところへ酸素を送り届けています。

ですが、鉄分不足でヘモグロビンが減ってしまうと、赤血球の形が変化し、身体に送る酸素が少なくなってしまいます。

酸素をたくさん送り出すために、心臓が激しく動くので、心臓に負担がかかり、心不全になってしまう場合もあるそうです。

怖いですね。

貧血のチェックポイント


  • 疲れやすい
  • 寝ても疲れが取りにくい
  • 階段や坂道で息切れする
  • 動悸
  • 顔色が悪い
  • 足がむくみやすい
  • 爪が反り返る(スプーン爪)
  • 普段は食べないものを食べたくなる(異食症)

どれか1つでも当てはまれば、貧血のおそれがあるそうです。

氷食症

氷などの固いものや普段は食べないものが無性に食べたくなるのも、貧血の可能性があるようです。

番組に登場した滝裕可里さんは、小学生のときなど土を食べていたとのこと!

順天堂大学の医学博士 奈良信雄先生によると、子供の頃は鉄が不足しやすいそうです。

鉄は成長にものすごく必要なので、砂を食べたり、釘をかじったりするということもあるようです。

貧血の診断基準

貧血かどうかは、血液中のヘモグロビン量によって診断します。

男性=13g/dL未満で貧血
女性=12g/dL未満で貧血

番組に参加されたゲンキチャレンジャーの皆さん
  • 中部良子さん(56歳)=ちょっと疲れ気味
  • 細谷由美さん(50歳)=たちくらみ&貧血気味
  • 後藤浩行さん(55歳)=たまにたちくらみ

後藤さんは、11.6gと貧血という診断されました。

気づかないうちに出血するタイプの貧血だそうです。

細谷さんは、12g/dLと基準値とおりなのですが、隠れ貧血なのでは?とのことでした。

隠れ貧血ってなに?


鉄分は、おもに肝臓にあり、フェリチンという場所にたまっています。

フェリチンから必要な鉄分が血液中に送り出されるとのこと。

常に鉄分が補給されていれば、フェリチンの量は変わりません。

フェリチンが減ってくると、検査では貧血と診断されないのに、身体全体の鉄分が失われていることになります。

ヘモグロビンの量は問題ないのに、フェリチンが減って体全体の鉄分が失われていることを隠れ貧血とよびます。

隠れ貧血を放置しておくと、やがてフェリチンがなくなり、貧血になってしまうのです。

フェリチンの正常域

フェリチンの正常域は、男女ともに25ng/mL〜250ng/mLです。

隠れ貧血と診断された細谷由美さんは、10.9ng/mLと正常域を大幅に下回っていました。

どうして隠れ貧血になるの?


子宮筋腫
隠れ貧血の原因のひとつに、子宮筋腫があります。

先ほどの細谷由美さんは2、3個あるとのこと。

子宮筋腫により経血量が増えたり、月経時以外でも出血したりするので、貧血になりやすいようです。

偏食による鉄分不足
先ほどの細谷由美さんは、スイーツが大好きだそうです。

鉄欠乏性貧血の原因に鉄分の摂取不足もあります。

変色が貧血の原因になることがあるので、バランスの良い食事が大切です。

貧血にならないためには

必要な鉄分の量は?

1日の推奨鉄分摂取は、以下の通り。
男性(30〜69歳)=7.5mg
女性(30〜69歳)=6.5mg

おすすめは小松菜

鉄分補給といえば、ほうれん草だと思われがち。

でも、ほうれん草には、鉄分の吸収をさまたげるシュウ酸が多く含まれてます。

ほうれん草よりは小松菜がおすすめです。

ですが、1日に必要な鉄分を小松菜だけでとるには、毎日、9把(わ)食べる必要があります。

レバーやカツオ、ひじきなどは鉄分が多く含まれます。

鉄分が含まれる食材をバランスよく食べるのがポイントだそうです。

飲み物はタンニンに注意

飲み物によっては、鉄と結びついて吸収を悪くしてしまうタンニンが含まれています。

注意が必要です。

ビタミンCは鉄分の吸収をよくする

ビタミンCが含まれる食べ物や飲み物は、鉄分の吸収をよくします。

バランスの良い食事を


まさに昨日のことです。

急に目の前がちかちかして、なかなかおさまらずにいました。

眼がちかちかして、文字もよく見えないい状態。

それを娘にいうと「貧血じゃないの?」と言われました。

貧血かどうか、きちんと調べるには血液検査が必要です。

ですが、まずはバランスの良い食事を心がけ、睡眠不足などに注意しながら、貧血を予防しましょう。

応援のクリック、ありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

効率よくコラーゲンを摂取するには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ