ホームおすすめ商品レビュー ≫ 乳がんの自己検診 自宅で簡単にできる【ブレストケアグラブ】

乳がんの自己検診 自宅で簡単にできる【ブレストケアグラブ】

私も40歳を過ぎた頃から、乳がん検診の案内が届くようになりました。

近年、乳がんになる日本女性が増えているそうです。その割合は、女性の12人に1人といわれています。

ですが、乳がんは早めに治療を開始すれば、治る率は高いそうです。早期発見、早期治療のためには、乳がん検診だけでなく、自己検診も重要といわれます。

とはいえ、自己検診といっても、具体的にどのようにすればいいのか……。

そんな私に、ピッタリのものを見つけました。

それが、乳がん自己触診グラブ(グローブ)です⇒話題の乳がん触診グローブ ブレストケアグラブ

どうして、乳がんの自己検診が必要なの?


乳がんは、日本人女性の約12人に1人が発症するといわれていますね。

でも、乳がんは、他のがんに比べると、5年生存率が高く、予後のよいがんだそうです。早期発見しやすく、検診や自己触診などで、早い段階で発見することで、適切な治療を受けやすいそう。

乳がんは、身体の表面に近いところにできるので、自分で観察したり、触ったりすることで、発見しやすいとか。

自分で発見できる唯一のがんです。乳がんの60%以上はセルフチェック(自己検診)によって発見されているそうですよ。

定期検診を受けていらっしゃる方も、乳房の異常に早く気がつくために、月1回の自己検診が効果的です。

乳がん自己触診グラブってなに? 素手とは何が違うの?


自己検診は、自分で乳腺に触ることですよね。

でも、指の摩擦があると、皮膚の凹凸がよく分かりにくかったり、強く触りすぎて痛くなったりすることも。

自己触診グラブは、特殊な素材により、手指の触感を高める乳がん自己検診補助用具です。グラブをつけることで、指が肌の上を滑りやすくなり、素手で触るより感度が高まるため、異常が感じやすくなります。

乳がん自己触診グラブ「ブレストケアグラブ」を試してみました

ブレストケア箱(前)
薄い外箱です。5枚入り。

ブレストケア箱(後) 
外箱の後面。

箱の中に、袋入りのブレストケアグラブ5枚と添付文書が入っています。
ブレストケア1つ

小袋を開けてみました。説明書とさらに袋入りのグラブ
ブレストケア内訳

袋をあけて、グラブを広げました。紙にはってあります。

上部はピンク色のシートになっています。
ブレストケア中身

グラブに手を入れたところ
ブレストケア使用2
薄くて、軽いですね。手を入れても、カサカサせずにスムーズ。

下部は二重シートになっていて、肌にあてても滑りがいいです。

「ブレストケアグラブ」のおすすめポイント

手にはめるだけで手軽

手にはめるだけで使用できるので、本当に簡単。

何しろ、自己触診そのものが初めて。ちゃんとできるか心配でしたが、丁寧な説明書きがあったので、見よう見まねでなんとか。

使い方動画も用意されています(パッケージにQRコードがあります)

動画にあわせて、やっていけば大丈夫!

肌への密着性が高い

素手でも、確かめてみました。

やっぱり、グラブをつけたほうが滑りがよくて、やりやすいですね。

ブレストケアグラブは、複合EVAシート製肌に密着しやすいですよ。

さらに、肌に接する面(下部)は、指触りがわかりやすいように二重の袋状になっていました。

つまり、上部のピンクシート、下部の二重シートと特殊な三層構造になっているんですね。

肌にやさしい

手に優しいアレルギーフリー&脱タンパク。さらに、手や肌が汚れないパウダーフリーになっています。

台所用のゴム手袋をつけると、かゆくなることがあるのですが、これはまったく違和感なし。肌にあてるものですから、アレルギーフリーなのはありがたいですね。

環境にやさしい

焼却時にダイオキシンが発生しない、脱ダイオキシン素材で使い捨てできます。

乳がんの自己検診はどうしたらいいの?

チェックポイント

  • 乳房の変形や左右差がないか
  • しこりがないか
  • ひきつれがないか
  • えくぼのようなへこみがないか
  • ただれがないか
  • 出血や異常な分泌物がないか

鏡の前でチェック

  1. 両腕を下げた姿勢で、乳房や乳頭を観察。
  2. 両腕を高く上げて、正面・側面・斜めから、乳房を観察。
  3. 腕を腰にあてて、腕を前後に動かして胸を変化させ、乳房の変化を観察。

手で触ってチェック

  1. ブレストケアグラブを手にはめて、人さし指、中指、薬指の3本の腹で「の」の字を描くように、腕を伸ばした脇の下から、胸全体の乳腺をチェック。
  2. 乳房、乳頭をしぼるようにし、分泌液がでないかをチェック。

※自己触診は、乳房がやわらかくなる月経終了後1週間~10日の間に。

※なにか変化や異変を感じたら、専門の医療機関(乳腺外科、乳腺科、乳腺内分泌外科など)を受診してください。

まずは自己触診から


普段から乳房の状態を確認していれば、小さな変化に気づきやすくなりますね。

今までは、具体的にどうすればいいのか分かりませんでしたが、今後は、月に一度は触診していこうと思います。

それに加えて、定期的に検診を受けることも大切。年齢に応じた備えが必要ですね……。

管理人のおすすめ商品レビュー

もちもち肌や髪のコシ、関節の痛みに 効率よくコラーゲンを摂取するには【コラゲネイド】 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放【フルミーエクオール】

ブログパーツ