ホーム正しいボディケア ≫ 熱中症と間違いやすい 重大な病気とは?【健康カプセル!ゲンキの時間】

熱中症と間違いやすい 重大な病気とは?【健康カプセル!ゲンキの時間】

日差し
7月23日放送のTBS「健康カプセル!ゲンキの時間」で、「〜夏特有の○○が引き起こす〜熱中症と間違えやすい2大病」と題し、夏に起こりやすい2大病が紹介されました。

暑い日が続いていますが、めまいや吐き気、倦怠感などの症状はありませんか?

熱中症と思いがちですが、もしかしたら、その症状は、夏特有の2大病になっているかもしれません。

女磨きの情報はこちらから
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

熱中症と間違いやすい2大病、それが脳梗塞腎臓病です。

どちらも、重度の後遺症を患う場合があり、最悪の場合、命の危険もあります。

脳梗塞

脳梗塞は夏に多い

脳梗塞は、高血圧や動脈硬化による血栓などが原因で、血管がつまり、脳の神経細胞が死んでしまう病気です。

血圧の上がりやすい冬に多いと思われがちですが、実は、最も多いのは6月から8月。

夏に多い病気なのです。

この夏特有の脳梗塞の主な原因は、脱水

脱水状態になると、身体の水分が減ってしまい、血液もドロドロになります。

さらに、血液の赤血球が固まり、「凝集塊(ぎょうしゅかい)」というものを作ります。これが血管に詰まってしまい、脳梗塞になることがあるのです。

熱中症のような症状?

脳梗塞のなかには、めまいやふらつきなど熱中症のような症状を伴うものもあります。

それが「ラクナ梗塞」といいます。

脳へ入っていく細い糸のような血管が、凝集塊などにより詰まることで引き起こされます。

ラクナ梗塞以外の太い血管が詰まる脳梗塞は、周りにある多くの神経細胞が死んでしまい、半身麻痺や意識障害、ろれつが回らないなど大きな症状が出ます。

ラクナ梗塞は、細い血管が詰まるため、死ぬ神経細胞が少なく、症状が軽くて熱中症のような状態になることもあります。

ですが、そのままだと手足のまひが起こり、重篤な結果を招くことがあります。放置しておくことは危険です。

脱水の目安

2%:軽度 「ノドの渇き」や「だるさ」などの症状を感じる

5%:中等度「口の中が渇いてネバネバする」「尿量が少なすぎる」など

7%以上:高度 意識がもうろうとして血圧も低下。命の危険もあるので要注意

脱水予防 3つのポイント

1日の水分摂取量は、1.5リットル以上が理想です。

ポイントは、以下の3つです。

  1. 就寝前にコップ一杯の水を飲む。
  2. お酒の飲み過ぎは避ける。
  3. 汗をかいた場合は、しっかり水を飲む。

腎臓病

急性腎障害や腎結石が起こるしくみ

腎臓病も夏に多い病気です。こちらも、脱水が大きく関係しています。

脱水状態になると、血液量が減るため血圧も下がります

血圧が下がると、腎臓の中で血液をろ過している「糸球体」という部分にあたる圧力も下がります。

このため、老廃物が通過することができなくなり、尿毒素として体内に溜まります。

この尿毒素が急に溜まった状態が「急性腎障害」といわれる状態です。

さらに、脱水状態がすすみ、体内の水分量が減ると、老廃物の量は変わらないまま水分量が減るため、尿が濃くなります。

腎臓のなかでカルシウムと老廃物であるシュウ酸などが結合しやすくなり、「腎結石」ができてしまいます。

結石が大きくなったり、尿管に詰まったりすると、激痛が起こります。

頻尿による負のスパイラル


腎臓は、「尿細管」で体内の水分量を調節しています。

加齢などで尿細管が衰えると、尿を濃くできず、必要な水分まで排出してしまいます。

その結果、夜にトイレに行く回数が増えてしまいます

そこで、夜にトイレに行くのを避けるため、就寝前に水を飲まずに寝てしまう方も。

ですが、尿細管の機能は低下しているため、やはり、夜中にトイレに行くことになります。

また、水分を摂らずに寝てしまいます。

さらに、夏の夜は、気温も高く、汗もかきやすいです。

この状態を繰り返すことで、脱水状態になり、血液はドロドロに

脱水から、腎臓の病気脳梗塞がおこりやすくなります。

夏の明け方は、一番、脳梗塞を起こしやすい時間帯だそうです。

就寝前には、必ず、水分を摂るようにしましょう。

脱水症状かどうかをチェックするには?


夜寝る前と朝起きた後に体重を測りましょう。

体重が、0.5Kg以上減っている場合は、脱水症状を起こしている危険性があります。

脱水の恐怖


朝、起きた時に、口の中がねばねばしてたりします。

そういえば、トイレに行く回数が少ない(尿が少ない)気がします。

私は在宅していることが多く、水分補給もそれなりにしているつもりでしたが、脱水傾向にあるのかもしれません……。

脱水により、熱中症や脳梗塞、腎臓病になる可能性もあるのですね。

まだまだ暑い日が続きますが、しっかり水分補給をして、脱水に気をつけていきたいと思います。

応援のクリック、ありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

女性らしいボディラインを目指すには バストケアに最適なマッサージジェルは 肌に負担がかからない。身体の中からしっかりプロテクト