ホーム正しいボディケア ≫ 夏は便秘になりやすい? 意外な原因と対処法

夏は便秘になりやすい? 意外な原因と対処法

痛み
夏になると、お通じが悪くなる方はいらっしゃいませんか?

夏は便秘になりやすい季節です。

夏の便秘の原因や対処法についてまとめてみました。

女磨きの情報はこちらから
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

どうして、夏は便秘になりやすいの?

一番の原因は「水分不足」

暑い時期は、汗をたくさんかくでしょう。

汗をたくさんかけばかくほど、体内にある水分も少なくなってしまいます。

水分不足になると、便が硬くなってしまいます

硬い便は、なかなか排出できず、たまってしまいます。

硬くなっている便を何とか出そうと力んだ結果、「痔(じ)」になる方もいます。

夏の水分不足は、熱中症や脳梗塞、腎臓病になる危険性もあるので、こまめに水分補給をしましょう。

夏バテからくる「食欲不振」

年々、夏の最高気温を更新していますね。

本当に暑くなっているので、夏バテしている方も多いのではないでしょうか。

夏バテになる人は、夏場、便秘になりやすい傾向があります。

夏バテになると、食欲がなくなってしまいます。

食欲不振から、必要な栄養素が吸収できなくなってしまいます。

それでは、便秘が解消できません。

食欲不振は、健康にも悪い影響を与えるので、ご注意を。

冷房による冷え

年々、暑くなっていますね。

熱中症の危険もありますし、今や夏の冷房は不可欠といえるでしょう。

でも、冷房は便秘の原因になっているのです。

冷房が効いている室内は、当然、冷えています。

ずっと冷えた空間にいることで、身体も冷えてしまいます。

身体が冷えると、血液の流れが悪くなります

血液の流れが悪くなると、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)が弱まってしまいます。

蠕動運動(ぜんどううんどう)が弱くなると、便を押し出すことができません。

そのため、老廃物や毒素が体内に溜まってしまいます。

冷房の設定温度を高めにする、冷房が効いている部屋に長時間い続けないなど身体を冷やさないように工夫しましょう。

オフィスでお仕事されている方は、薄手のカーディガンやブランケットなどで対策しましょう。

夏に便秘にならないためには?

こまめな水分補給とバランスのよい食事

便秘にならないための一番の対策は「こまめな水分補給」と「バランスのよい食事」です。

先にご説明しましたように、夏は水分不足になりがち。

水分不足が便秘の一番の原因ですから、こまめな水分補給が大切です。

夏は、1日1.5L~2.5L程度、水分をとってください。

暑い時期は、冷たい飲み物が欲しくなりますが、冷たいものを摂りすぎると身体を冷やしてしまいます。

できるだけ、常温の飲み物にしましょう。ミネラルウォーターがおすすめです。

また、バランスのよい食事も、便秘の対策になります。

夏バテになると、食欲がなくなり、食事がすすみません。

でも、食事からしっかり栄養をとらないと、便秘は解消できないのです。

冷やし中華や冷しゃぶなど、野菜と肉としっかりとることができるメニューを工夫したいですね。

身体を冷やしすぎない

身体を冷やしすぎない」ことも便秘対策には大切になります。

冷房が効きすぎているオフィス内は、身体を冷やしてしまいます。

薄手のカーディガンやブランケットなどで対策しましょう。

休憩時間は外に出るなど、冷房のなかに長時間い続けないようにしましょう。

また、冷え性の方は、しょうが湯など身体を温めるものを飲んでください。

しょうがに入っているシンゲロールは、胃腸機能を活性化する効果もあります。

便秘になってしまったら 便秘を解消するには

便秘解消サプリメントなどを利用

こまめに水分補給していても、便秘になってしまった場合、便秘解消サプリメントの力を借りましょう。

安易に下剤を飲んでしまうと、身体に大きな負担がかかります。

薬に頼りすぎるのは危険なので、まずは身体に負担の少ないサプリメントを利用しましょう。

便秘解消サプリメントは、食物繊維オリゴ糖など、胃腸で善玉菌となる成分が入っています。

食欲不振の時でも、お役に立つでしょう。

おなかをすっきりさせるサプリメントをこちらの記事でレビューしています⇒麹菌の酵素が決め手 【なかきれい酵素】で健やかおなかを目指そう

基礎代謝を上げる

便秘を解消するには、「基礎代謝を上げる」ことが大切です。

暑い日が続くと身体がだるくなりやすいので、動くのがおっくになりますが、適度な運動を心がけて。

暑い日中を避けて、早朝や夜に、ウォーキングや軽いストレッチなどを。

ストレッチを続けることで、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)も活性化しますよ。

また、入浴も基礎代謝を上げる方法です。

夏はシャワーで済ませる人も多いようですが、しっかり湯船につかりましょう。

38~40℃のぬるめのお湯に、15~20分ほどゆっくり入ることで、身体の芯から温まります。

夏バテ防止にも、効果的ですよ。

夏の入浴については、こちらの記事もご覧ください⇒夏の快眠は入浴が決め手だった やってはいけない3つのNG【あさイチ】

それでも、便秘が続く場合は、病院でご相談を

まずは水分補給を

 
暑い日が続く夏は、体力とともに体内の水分も不足しがち。

まずは、こまめな水分補給が一番ですね。

水分不足は、便秘のみならず、熱中症になる危険性もなりますものね。

こまめに水分補給をし、身体を冷やしすぎないように注意しながら、暑い夏を乗り切りましょう。

応援のクリック、ありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

効率よくコラーゲンを摂取するには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ