ホームカラダによい食べ物 ≫ 26キロのダイエットに成功? 新感覚の豆料理で体質改善【あさイチ】

26キロのダイエットに成功? 新感覚の豆料理で体質改善【あさイチ】

大豆
7月3日放送のNHK「あさイチ」で、「簡単!新感覚“スゴ豆”料理」と題し、新感覚の豆料理が紹介されました。

今、ひよこ豆やレンズ豆などの豆がブームになっているそうです。

レディー・ガガやナタリー・ポートマンなど海外セレブたちが、ダイエットや体調管理のために愛用する「フムス」は、日本でも扱う飲食店が急増中だとか。

実は、豆には強力な体質改善効果があるんですよ。

一体、どのような効果なのでしょうか?

あなたのクリックが更新の励みです。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

人気上昇中! ひよこ豆のムース「フムス」


フムスとは、ゆでたひよこ豆に、ニンニク、練り胡麻、オリーブオイル、レモン汁などを加えてすりつぶし、塩で調味したペースト状の料理です。

中近東の広い地域で食べられている伝統的な料理だそうです。

海外特派員時代に食べていた柳澤さんが「現地の発音では『フンムス』」と力説されてました。

日本人にとってのご飯とお味噌汁みたいなもので、これがないと現地の人々は落ち着かないそうです。

で、このひよこ豆のペースト「フムス(フンムス)」

食物繊維やイソフラボン、サセミンが豊富だけど、カロリーはひかえめ。

ムースのように濃厚な味わいながらヘルシーとあって、NYで火がつき、日本でも扱う飲食店が急増中だとか。

蒸し大豆を使った和風フムス


番組では、日本人が食べやすい大豆のフムスの作り方が紹介されました。

ひよこ豆より大豆の方が水分が多いため、ねっとりとしてコクがあるそうです。

材料(2~3人分)

蒸し大豆 200グラム
白練りごま 大さじ1強
リンゴ酢または穀物酢 大さじ2分の1
ごま油 大さじ1
塩 小さじ2分の1
水 大さじ6程度

作り方

  1. フードプロセッサーに、水以外の材料を入れ、かくはんする。
  2. 豆がだいたい潰れたら、一度、フードプロセッサーを止める。ゴムべらで全体をかき混ぜる。
  3. 水を少しずついれ、まぜる。水の量は、ペーストの硬さによって調節する。

豆の強力な体質改善効果

2週間でビフィズス菌が4.4倍に

大豆には、便秘を解消し、さらにダイエットの効果があるそうです。

10人の男女に、1日50gずつ、2週間、蒸し大豆を食べてもらったところ、腸内のビフィズス菌が平均して4.4倍になったそう。

その結果、便秘の人も、逆にお腹が緩めの人も快便になったそうです。

あわせて36㎏のダイエット

さらに、豆でダイエットに成功した料理研究家の柳澤英子さん、孝文さん夫妻が登場。

英子さんはマイナス26kg、孝文さんはマイナス10kg。ご夫婦あわせてマイナス36㎏のダイエットに成功したそうです。

ダイエットもそうですが、さらにうれしいのは、お通じが改善したことだとか。

体質改善した最大のコツは、炭水化物の一部を蒸し大豆に置き換えること。

蒸し大豆を潰して、ジャガイモの代わりにしたポテトサラダ風

食物繊維50%アップ、カルシウムやマグネシウム、鉄分は70%アップ。でも、糖質はダウン。

また、ごはんの半量を蒸し大豆に置き換えたチャーハン

食物繊維30%アップ、ビタミンB群は17%アップ。糖質は19%ダウン。

どちらも、豆の感じがせずにおいしく、しっかりとした食べごたえがあるそうです。

管理栄養士で料理研究家の牧野直子さんは、肉の代わりに蒸し大豆を使う方法を紹介してくれました。

ミートソースハンバーグを作る際、ひき肉の半量を、細かく刻んだりつぶしたりした蒸し大豆に置き換えます。

うまみとコクのあるしっかりとした肉料理に仕上がるそうです。

肌荒れにも効果が

長年、お通じにお悩みの柳澤けい子(35歳)さん。

柳澤さんは、今まで、ヨーグルトなどお通じによいといわれる食べ物をいろいろ試してきたそうです。でも、あまり効果はなかったとか。

そこで、番組で紹介されたレシピをもとに、2週間、毎日50グラムの蒸し大豆を食べたところ、お通じが改善されたとか!

身体が軽くなっただけでなく、肌の調子も良くなったそうですよ。

同じく大豆を食べ続けたリポーターは、大豆にはオリゴ糖が含まれているため満足するのか、間食が減ったそうです。

番組MCのイノッチこと井ノ原 快彦さんいわく「大豆は、もともと日本人が食べていたものだから」

日本人にあうのでしょうね。

推奨は1日100g
厚生労働省では、豆類を1日100gとるように推奨しています。

でも、成人で平均60g弱しかとれていないのが現状だそう。

意識的に、豆類を摂るように心がけましょう。

私は、フムスを初めて知りました。パンに塗ったり、野菜につけたり。いろいろ活用できそうですね。

年齢と共に女性ホルモンの分泌が減るため、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンは更年期女性の心強い味方です。

大豆と女性ホルモンについてはこちらの記事もご覧ください⇒胸が大きくなる食べ物、大豆の効果と注意点

これからは、煮豆だけでなく、フムスも活用して大豆料理の幅を広げたいと思います。

応援のクリック、ありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

女性らしいボディラインを目指すには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ