ホームカラダによい食べ物 ≫ 「脂肪のサビ」心筋梗塞や脳血栓の原因に? サビを落とす食べ物とは?【世界一受けたい授業】

「脂肪のサビ」心筋梗塞や脳血栓の原因に? サビを落とす食べ物とは?【世界一受けたい授業】

6月10日放送の「世界一受けたい授業」で『とても危険な「脂肪のサビ」とは!?』と題し、脂肪のサビを落とす方法が紹介されました。

脂肪のサビとは、一体、どのようなものでしょうか?

女磨きの情報はこちらから
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

脂肪のサビってなに?

錆びるとは?

今回の講師は、九州大学 大和真由実先生。

突然死につながる心筋梗塞や脳梗塞は、身体のの中の脂肪が、金属のように錆びてしまうことが原因だとわかってきたそうです。

「錆びる」とは、酸化すること。

ストレスや生活習慣の乱れなどが原因で、ドロドロに酸化してしまうそうです。

このサビが動脈硬化を進行させ、心筋梗塞を引き起こしたり、ガンを急激に進行させる原因になってしまうのです。

この「脂肪のサビ」は、太っている方だけでなく、痩せている方でも、子供でも、危険性があるそうです。


脂肪のサビのチェック方法

脂肪のサビは血液検査をすれば分かりますが、自分では分かりませんよね。

そこで、自宅で簡単にチェックする方法が紹介されました。

それは、

枕についた臭いで、脂肪のサビがわかるそうです。

サビた脂肪は、独特な臭いがあります。

番組では、実際に臭いを嗅いでみたIKKOさんは「油を何回も使いまわしたような」、有田哲平さんは「古い押入れの臭い」とコメントしました。

自分の臭いはわかりにくいので、家族に嗅いでもらうか、起きたばかりの枕の臭いを嗅いでみるといいそうです。

血液中の酸化物の濃度を測ることで、より正確に脂肪のサビ状態がわかるそうです。

脂肪のサビを落とすには?

腹式呼吸ウォーキング

人とはなすときぐらいの速さで行うウォーキングです。

ポイントは、腹式呼吸をしながら行うこと。

腹式呼吸は、鼻から息を吸い、おなかをふくらませ、吐く時はお腹をへこませながらゆっくり息を吐いていきます。

この呼吸を意識したまま、ウォーキングをします。

腹式呼吸を行うことで、活性酸素の生成を抑え、サビに対する抵抗力をアップさせる効果が期待できるそうです。

煎茶

お茶
脂肪のサビを落とす食材は、煎茶です。

煎茶には、ビタミンEが豊富。

ビタミンEは、油に溶けやすく、脂肪のサビを落とすのに効果的なのです。
 
ビタミンEが含まれる食物の中でも、せん茶はダントツの1位なのです。
  
おすすめは、せん茶の栄養を効果的に摂るためにそのまま食べることです。

茶ノベーゼ


煎茶を使う茶葉ソースを使ったパスタです。

材料

  • パスタ
  • ベーコン 15g
  • オリーブオイル 小さじ1

<茶葉ソース>
  • ひまわり油 大さじ1程度
  • アーモンド 20g
  • にんにく 1/2片
  • 乾燥の煎茶 20g
  • 粉チーズ 20g

作り方

  1. 材料をミキサーにかけ、茶葉ソースを作る。
  2. フライパンにベーコンを炒め、ゆでたパスタ、茶葉ソースを入れてからめたら出来上がり。

茶ぶ茶ぶ


お茶の葉ごと入れたお湯で、好きな具材をしゃぶしゃぶします。

とても簡単でヘルシーですね。

タレは、ポン酢に茶殻を入れたお茶ポン酢、ごまだれにアーモンドを入れた特製ゴマダレがおすすめだとか。

お肉以外にも、ブリなど魚もおすすめ。

魚の脂に含まれるEPAやDHAも、脂肪のサビに効果的なのです。

いっしょにお茶を飲む


お茶には、さらにビタミンCやカテキンなど身体によい成分が豊富に含まれています。

食事の際に、いっしょに緑茶を飲むと、さらに効果が期待できるそうです。

以前、お茶を衣にした天ぷらのレシピを知りました。

工夫すれば、いろいろと調理にも使えそうですね。

応援のクリック、ありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

効率よくコラーゲンを摂取するには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ