ホームカラダによい食べ物 ≫ 骨粗しょう症を防ぐために カルシウムの吸収をよくする食べ物とは?【ジョブチューン】

骨粗しょう症を防ぐために カルシウムの吸収をよくする食べ物とは?【ジョブチューン】

6月3日(土)放送のTBS「ジョブチューン」で『名医たちがぶっちゃけ!病気を予防する最強の食べ物スペシャル!』と題して、病気を予防・改善する食べ物が紹介されました。

そのなかから、骨粗しょう症に効果的な食べ物をご紹介します。

その食べ物とは、一体、なんでしょうか?

女磨きの情報はこちらから、もらっています。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ


今回、ご紹介するのは、レモンです。
レモン 
レモンは、カルシウムの吸収を良くしてくれるといわれています。

カルシウムの吸収が良くなるので、骨が丈夫になり、骨粗しょう症の予防になるのです。

骨粗しょう症とは


骨粗しょう症とは、骨量が低下し、若い時の平均値の70%以下になった状態です。

骨量とは. 骨全体に含まれるミネラル(カルシウムなど)の量のことです。

骨量が減ると、骨の内部がスカスカになり、ささいなことで骨折してしまいます。

骨粗しょう症は、閉経後の女性に多くみられます。

女性ホルモンのひとつ、エストロゲンには、骨の細胞に働きかけて、骨破壊を抑制し、骨形成を促す働きがあります。

更年期になり、エストロゲンが不足することで、骨形成が追いつかず、骨粗しょう症になりやすくなってしまうのです。

骨粗しょう症については、こちらの記事もご覧ください⇒更年期になったら要注意! 骨粗しょう症を防ぐ3つの方法

カルシウムの吸収をよくするには


骨といえばカルシウムですが、カルシウムは吸収効率があまりよくありません。

カルシウムだけ摂っても、体内には吸収されにくく、効果が出にくいのです。

厚生労働省によると、成人では、カルシウムを1日650㎎を摂取するように推奨しています。

ですが、もっとも吸収率のよい牛乳でも、40%のカルシウムしか吸収できないそうです。

そんなカルシウムの吸収率をアップしてくれるのが、レモンです。

レモンのなかのクエン酸がカルシウムと結合することで、腸で吸収されやすくなるのです。

カルシウムといっしょにレモンを摂るのが効果的です。

毎日でも飽きない! レモンラッシー


カルシウムとレモンをいっしょに摂るために、おすすめなのがレモンラッシーです。

カルシウムが豊富な牛乳、ヨーグルトとレモン果汁を混ぜるだけのお手軽メニューです。

レモンラッシーの材料(3人分)

  • 牛乳 100㏄
  • 飲むヨーグルト 100㏄
  • レモン果汁 大さじ2
  • ハチミツ 大さじ1杯半

レモンラッシーの作り方

  1. グラスに牛乳をそそぐ。
  2. そこに飲むヨーグルトをそそぐ。
  3. レモン果汁、ハチミツをいれ、混ぜ合わせて出来上がり。

さっそく、レモンラッシーを作ってみました。
ラッシー
ハチミツをいれるので、混ぜ合わせるのに苦労するかと思いましたが、結構、すんなり混ぜることができました。

思ったより甘くなく、レモンの酸味がいい感じ。ごくごく飲むことができましたよ。

これからの暑い季節にピッタリ。作るのも簡単ですし、おすすめです。

応援のクリック、ありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

女性らしいボディラインを目指すには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ