ホームバストケア ≫ 気になる乳房の痛み、その原因と対応

気になる乳房の痛み、その原因と対応

アラフィフといえば、更年期どまんなか。ホルモンのバランスが乱れ、何かと不調に悩まされやすい時期です。

なかでも、乳痛には、多くの女性が悩まされているとか。

乳首や乳房が痛くなったり、張ったりが続くと、何か悪い病気では?と不安になります。

同年代の有名人や知人が乳がんになった話を聞くと、不安はさらに大きくなり。

精神的な不安から、さらに痛みが……。

この乳痛の原因はなんでしょうか?

応援のクリック、よろしくお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

プロゲステロンと乳腺


乳房の痛みやしこりの大半は、良性なものです。「乳腺症」と呼ばれ、ホルモンバランスの乱れから起こる現象です。

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。

この2つのホルモンがバランス良く分泌されることで、女性の機能を正常に保っています。女性ホルモンについて詳しくはこちらの記事に書いています⇒胸が大きくなる仕組み

ところが、ストレスや加齢などが原因で、エストロゲンが分泌されるべき時期に分泌されず、プロゲステロンが多く分泌されてしまうことがあります。

プロゲステロンは、乳腺を発達させる働きがあります。

乳腺の中にある血管を拡張させたり、乳腺組織を一時的に増やしたりするため、胸が張るなどの症状が起こります。

生理前には正常なことですが、これが続くのは、ストレスや不規則な生活、過度なダイエット、加齢などが原因となっています。

乳腺疾患の場合も


乳痛を感じる場合、どのように対応していますか?

10代の頃から生理前などに胸の張りや痛みはあり、なんとなく慣れてしまっていませんか?

私も、気になりながらも、なんとなく放置していました。

でも、胸の張りや痛みが、単にホルモンのバランスによるものだけとは限りません。

治療や手術が必要となる、線維腺腫乳腺炎乳管内乳頭腫などの危険性もあります。

乳痛が長く続いたり、片側だけ痛んだりなどの症状が気になる時は、すぐに医療機関で受診することをおすすめします。

特に、私たち更年期世代は、乳がんなどの心配もあります。痛みを感じる時に、一度、受診しておくと安心です。

自治体やご加入の保険組合によっては、乳がん検診の補助が出たり、または無料で受けられたりします。一度、ご確認ください。

乳痛の予防


では、乳痛にならないようにするには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。

まず、プロゲステロンの過剰分泌や、長期分泌によりおこる乳痛は、ホルモンのバランスを整え、エストロゲンの減少をふせぐことが必要です。

女性ホルモンのバランスを整えるには
  • 規則正しい生活
  • バランスの良い食事
  • が大切です。

睡眠不足が続いたり、疲労が蓄積することで、ホルモンのバランスは乱れやすくなります。規則正しい睡眠時間を心がけましょう。

また、しっかりと休息を取ることも大切です。

肉中心の食事やジャンクフードが続き、脂肪分を多く摂取すると、乳腺が詰まりやすくなり、乳痛を悪化させてしまいます。

特に更年期に入り、不快な症状を感じるようになったら、食生活を見直して健康的な食事をとるようにしたいですね。

バランスのよい食事についてはこちらをご覧ください⇒「まごわやさしい」でバストアップ

カフェインは血管拡張作用があるそうです。

乳痛が気になる時は、コーヒーや緑茶は控え、ノンカフェインの麦茶やハーブティーなどを飲むといいですね。

イソフラボンなどの摂取


更年期になり、エストロゲンが減少すると、乳痛を引き起こすプロゲステロンが多く分泌してしまいます。

エストロゲンをなるべく減少させないということが、乳痛の予防には大切になります。

エストロゲンの分泌を促す食べ物を多くとりましょう。

大豆や豆類は、エストロゲンの分泌をうながすイソフラボンが豊富です。

エストロゲンの分泌を促してくれるので、乳痛の原因となるプロゲステロンを抑制する効果も期待できます。

とはいえ、いきなり食生活を変えるのは大変かもしれません。

そのような場合、サプリメントなどの補助食品も検討してみてください。

いかがでしたか? 気になる症状はございましたでしょうか?

繰返しになりますが、気になる症状が長引くようでしたら、医療機関で受診されることをおすすめします。

お役にたちましたら、クリックをお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

効率よくコラーゲンを摂取するには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ