ホームメイクお役立ち ≫ ゲルパフってなに? シリコン性の洗えるスポンジを試してみました

ゲルパフってなに? シリコン性の洗えるスポンジを試してみました

ベースメイクを塗るものを調べていたら、ゲルパフを見つけました。

ファンデーションを塗るためのスポンジ、お手入れしていますか?

スポンジには、皮脂や汗、ホコリがついて、雑菌が繁殖します。

スポンジを洗わずに、1週間放置すると、なんと8万個も雑菌が繁殖するそうですよ!

雑菌だらけのスポンジでは、肌に雑菌を塗りつけているようなもの。

だからこそ、ゲルパフが効果的なんですね。

女磨きの情報満載、人気のブログはこちらから
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

ゲルパフってなに?


ゲルパフとは、シリコンでできたメイク用のスポンジです。

一般的なスポンジは、ファンデーションを吸い込んでしまうので、使う量が多くなりがち。

でも、ゲルパフなら、シリコン製で水分をはじくため、吸い込むことがありません。余分なファンデーションを使うことなく、少しの量でしっかり塗ることができます。

また、丸洗いできて繰り返し、清潔に使うことができます。

ゲルパフを購入


というわけで、さっそく購入してみました。
ゲルパフ1
楽天ランキングで、 第1位獲得(パフ・スポンジ部門)の大人気商品

こちらは、2個セットで販売しています。パフを入れるためのケースもついていました。

ゲルパフ2 
ひし形となみだ型、違う形になっています。

ひし形は、広い面が塗りやすいです。

なみだ型は、少しとがっているので、細かい部分も塗りやすくなっています。

シリコンの片面にはフィルターがはってありますが、剥がさないように注意書きがありました。

もう少しで、剥がすところでしたよ(汗)
 

気になる使い勝手は?

 
ゲルパフ、シリコン製で柔らかくて、弾力があります。

使い勝手はどんな感じでしょうか?

リキッドファンデーションをのせてみました。
ゲルパフ3 
肌あたりも柔らかく、なめらかにすーっと伸びてくれます。

普通のスポンジと違って、ファンデ―ションを吸い込まないので、少量で均一に広がります

ひんやりペタッとした感触で、パッティングするとクーリング効果がありそう。

汗ばみやすいこれからの季節も、ファンデーションのノリがようなりそうで、うれしいですね。
 
塗った後。ファンデーションはきれいになくなります。

水洗いしても、すぐに乾くのがうれしいですね。

スポンジを洗うと、乾くのにある程度、時間がかかりますし……。

繰り返し洗っていると、表面がボロボロになってしまいます。

だから、使い捨てできるように、小さめのスポンジを使っていますが、やはり、大きい方が塗りやすいですものね。

ゲルパフなら、繰り返し使えるので、衛生的で、かつ経済的です。

パウダーファンデーションは?


説明書きには「リキッドタイプならなんでも」とあります。

リキッドファンデーションに限らず、BBクリームや日焼け止め、下地クリームなど、リキッドタイプならなんでもOK。

手で塗ると手が汚れてしまったり、スポンジで塗って無駄な量を使ってしまったり。損してましたね。

でも、リキッド以外は? パウダーファンデーションはどうなのでしょうか?

パウダーファンデーションも試してみました。
ゲルパフ4

パウダーがあまりのりません(汗)

スポンジや一般のパフのようには、なじまないですね……。

そのまま肌につけてみました。なんかすかすか、ムラになる感じ?

下からパッティングしながら、塗っていくと、まぁ、なじみました。

使えないことはないですが、一般のパフやスポンジのほうがなじみやすいですね。

応援のクリック、ありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

女性らしいボディラインを目指すには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ