ホームエクササイズ ≫ 「かかと落とし」で脳や内臓を活性化 その理由と効果的なやり方とは?

「かかと落とし」で脳や内臓を活性化 その理由と効果的なやり方とは?

運動の必要性は感じているものの、なかなか重い腰が上がらない、ダイエットが続かないという方もいらっしゃると思います。
私もそうです(汗)

そんな私のような人にぴったりの運動がありました。

女磨きの情報はこちらから。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

雑誌「ゆほびか」の今月号(7月号)に「かかと落とし」が紹介されました。

かかと落としといっても、格闘技の足技ではなく、かかとを上げ下げする運動です。

テレビ番組「ガッテン!」で紹介され、今、注目を集めています。

「かかと落とし」とは


「かかと落とし」は、かかとを上げてストンと下す、それを繰り返し、疲れたら足を勢いよく前方に振るだけの運動です。

考案者は、ゆうわ生活主宰・ライフ&営業食アドバイザーの成田かず子さん。

考案のきっかけは、難病にかかった娘さんのためにいろいろ勉強されたこと。

それから、数多くの悩みを抱える方々に向き合ってこられました。

東洋医学では、「氣・血・水」の流れが滞った時、病気が起こるといわれています。

そこで、身体に振動を加えて流れを促そうと考え、「かかと落とし」を考案されたそうです。

骨は全身に伝達する内分泌臓器


骨の周りには、細かい血管が張り巡らされて臓器につながっています。そして、血管はリンパともつながっています。

かかと落としで骨に振動を与えることで、血液にも、リンパ液にも、振動が伝わって流れ、身体中が活性化するのです。

血管の柔軟さは、身体の柔軟さにつながります。

血管が若ければ、栄養が細胞にくまなく配ら、若々しい身体を維持できます。

骨ホルモンとは


骨は、肌と同じように新陳代謝をします。古い骨と新しい骨が入れ替わっています。

新しい骨を作る働きをしているのが「骨芽細胞」です。運動などで骨を刺激すると、骨芽細胞が活性化し、新しい骨がうまれるサイクルが早まるのです。

かかと落としで骨に刺激を与えると、骨芽細胞から骨ホルモンオステオカルシン)が分泌されます。

骨ホルモンには、すい臓に働きかけてインスリンの分泌を促し、血糖値を下げる働きがあるそうです。

かかと落としで骨を強くする


かかと落としをすることで、血糖値が下がり、骨の状態も良くなります。

かかと落としの利点は、血糖値を下げるだけではありません。

足からの振動は頭にまで伝わります。全身の骨を刺激し、強化できるのです。

特に、太ももの大腿骨(だいたいこつ)と脊椎(せきつい、背骨)を刺激できるところが優れています。

大腿骨と脊椎は、骨密度を測定する時に特に重要です。

かかと落としで、重要な骨を刺激し、強化できるので、骨粗しょう症の予防改善や骨折予防に役に立つのです。

全身の血流を促進


かかと落としには、ふくらはぎを刺激する働きもあります。

ふくらはぎには、血液を押し出すポンプの働きがあります。ふくらはぎが硬くなると、全身の血流が悪くなります。

かかと落としは、ふくらはぎを収縮させるので、血流促進につながります。

血流がよくなれば、全身に栄養と酸素がくまなく行き渡ります。

筋肉は柔軟になり、疲れにくい身体に変わっていきます。腰痛やひざ痛の緩和にもつながります。

さらに、かかと落としを行った後で、ふくらはぎをもむとより効果的です。運動後にもむことで、筋肉の硬化を防ぎ、血流改善につながります。

かかと落としのやり方

1日1分でもOK。イスや壁で身体を支えても大丈夫です。

  1. 肩幅くらいに足を開いて立つ。肩の力は抜く。つま先は前に向け、外に開かない。
  2. かかとを上下させる。かかとの高さは2~3㎝。ひざを曲げないように注意する。リズミカルに繰り返し、足がだるくなったら、3.へ。
  3. 片足のひざを曲げて後ろへ引いてから、前に振り出す。力は抜いて、足のだるさがなくなるまで、交互に繰り返す。

※2、3をできる範囲で繰り返す。最初は1回1分から。1日5回が目安。

これなら、畳半畳ぐらいのスペースでできるので、家の中でも、家事の合間でも、思い立った時にすぐにできそうですね。

コツは肩の力を抜くことです。

手軽なかかと落としで、身体を活性化してみませんか?

応援のクリックありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

効率よくコラーゲンを摂取するには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ