ホームメンタルケア ≫ 和久井映見さん、子供の頃はチックだった? 気になる症状とは?

和久井映見さん、子供の頃はチックだった? 気になる症状とは?

現在、46歳の和久井映見さん。

NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」の永井愛子役で話題になっていますね。

寮の舎監役でありながら、おっとりとどこかぬけていて、いつも明るく、主人公たちの悩みによりそってくれる、まさにみんなの「お母さん」という役どころです。

和久井映見さんといえば、数々の連続ドラマで主演されてきました。

今もかわらない透明感のある笑顔で、ドラマに華をそえてくれますね。

愛子さんのようにおっとりと暖かく清楚なイメージな和久井さんですが、子供の頃は苦労されていたそうですよ。

女磨きの情報満載、人気のブログはこちら
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

和久井映見さん


和久井映見(わくい えみ)さん。1970年生まれ、神奈川県横浜市出身。

高校生の時にディズニーランドでスカウトされたのが、芸能界入りのきっかけだそうです。

1988年の連続ドラマ「花のあすか組!」でデビュー。また同年、JR東日本「青春18きっぷ」のキャンペーンガールに起用されました。

その後は、主演、脇役を万遍なくこなされてきました。

NHK朝の連続テレビ小説では、2007年「ちりとてちん」で主人公の母親役を演じられました。

健康法はサンダル?

昔と変わらず、清楚なイメージの和久井映見さん。

そんな彼女の健康法は「健康サンダル」だそう。

また、飲み物にも気を使っていらっしゃるそうで、無塩のトマトジュースや黒酢を水で薄めたモノ、漢方薬などを愛飲されているそう。

さらに、寒い季節は紅茶に生姜パウダーをいれて飲んでいるそう。生姜は身体が温まるだけでなく、代謝が良くなり、ダイエット効果も高いですね

身体にいいものを飲むことで、健康だけでなく美容にもつながっているそうです。

今も変わらぬ透明感のある笑顔の秘訣は、これだったのですね。

悲しい生い立ち

ご家族はご両親と妹さん。でも、子供の頃にご両親が離婚されてしまったそうです。

和久井映見さん姉妹は、お母様に引き取られましたが、やがて、お祖母様宅に預けられたそうです。

その後、お母様は再婚されましたが、義父との折り合いが悪く、義父から、たびたび暴力を受けていたそう。

精神的な影響から、チック症になったともいわれています。

チック症とは


チックとは、突発的で急速な、反復性がある、リズムなくくりかえされる運動、または発声のことを指します。
4〜11歳頃に発症することが多く、もっとも発症しやすいのは6、7歳。女子よりも男子に多く発症がみられるのも特徴です。チック症の症状は慢性化する場合もありますが、ほとんどが一過性で、年齢を重ねるにつれてチック症が改善するといわれています。
ヘルス大学「チック症とは?原因と症状の現れ方」より)

チック症の原因は、正確には解明されていません。大脳の基底核において、ドーパミン系神経が過活動を起こしていることが原因になっているという説もあります。

2013年に出版されたアメリカ精神医学会の『DSM-5』(『精神疾患のための診断と統計のマニュアル』第5版)では、チック症群/チック障害群という疾患分類に位置づけられます。

以前は、家族関係や親の教育が影響すると考えられていましたが、現在では、その説は否定されています。

脳と神経の発達のアンバランスさが引き起こす症状であり、発達障害の一群と分類されることも増えてきました。

ですが、精神的ストレスにより、症状が悪化することもあることから、環境要因が影響するのは事実であると考えられています。

子供だけでない? 大人のチック症


チック症は子供に多く発症する病気です。ですが、まれに大人でもチックの症状がみられる場合があります。

チック症は大人になるにつれて自然と治まってくることが多いのですが、症状が学童期や思春期以降も続き、生活に支障をきたすような場合を「トゥレット症候群」とよびます。

大人のチック症の原因は?

『DSM-5』によれば、チック症の診断基準には18歳未満で発症したものという定義があります。

大人になって初めて発症するケースは、非常にまれだそうです。

大人になって症状が出た場合、小児期に未診断だったものの継続・重症化した、あるいは再発である場合がほとんどだといわれています。

大人になって初めて症状が出た場合、実はチック症ではなく、以下のような別の病気やその後遺症、薬の副作用の可能性があります。

  • ハンチントン病、ウイルス脳炎などの後遺症による脳の中枢神経障害
  • コカインなどの薬物使用による副作用
  • てんかん、ジストニアなど、別の脳神経疾患

チック症は、精神的ストレスによって症状が悪化することもあります。

ストレスを受けやすい環境など、環境的な要因が大きく影響していると考えられます。

大人のチック症は、ストレスなどの心因性の問題が原因であることが多いとされています。

大人のチック症の対処法は?

チック症とうまくつき合っていくには、ストレスを溜めこまないようにすることが大切です。

ストレスを感じたときは「腹式呼吸」を行うなどして、気持ちを落ち着かせましょう。

腹式呼吸は、大きく呼吸をするとともに、お腹に引っ込めたり、膨らませたりする呼吸法です。

息をゆっくり吐き出しながら、身体の力を抜いていくのが基本です。気持ちをリラックスさせるのに効果的とされています。

他にも、軽く運動をする、アロマの香りに触れるなどのストレス解消法も試してみてください。

ストレス解消については、こちらの記事にもまとめています⇒眠れないあなたへ 更年期の睡眠障害を乗り切る5つの方法

どうしても症状が気になる場合や、日常生活に支障を及ぼすほど重症な場合は、精神科医や心療内科の受診をおすすめします。

チック症の根本的な治療法はまだ確立されていませんが、日々、研究も進められています。

チック症との付き合い方を知り、薬などで治療を受ければ、症状は緩和できるようです。

応援のクリック、ありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

女性らしいボディラインを目指すには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ