ホーム有名人美の秘訣 ≫ 斉藤由貴さんの脅威のダイエット 過激だからおすすめできない?

斉藤由貴さんの脅威のダイエット 過激だからおすすめできない?

体重計
現在、50歳の斉藤由貴さん。テレビ朝日系で放送中のドラマ「警視庁・捜査一課長」に出演されています。

一時期、ふっくらされていましたが、激やせしてすっきりされましたね。

過酷なダイエットをされたという噂ですが、一体、どのようなダイエットだったのでしょうか?

女磨きの情報満載、人気のブログはこちら
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

斉藤由貴さん


斉藤由貴(さいとうゆき)さん。1966年生まれ。

1984年、少年マガジン第3回ミスマガジンでグランプリを獲得して、芸能界に入り。

明星食品のCM「青春という名のラーメン・胸騒ぎチャーシュー」でテレビ初登場。

1985年に「卒業」で歌手デビュー、また、「スケバン刑事」でドラマ初主演、一世を風靡しました。

1986年NHK朝の連続テレビ小説「はね駒」のヒロインに。

1994年に一般男性と結婚をして、現在、3児のお母さん。

新聞連載のエッセイを拝見しましたが、お子さんのことも書いていらっしゃって、ご家族を大事にされている様子が伺えました。

実は、私、斉藤由貴さんと同じ歳なんです。

同年代の方がテレビで活躍されているのを見るのは、本当にうれしいです。

斉藤由貴さんの劇的変化?


2010年、「同窓会~ラブ・アゲイン症候群」に出演していた頃の斉藤由貴さんは激太りが話題になっていました。

もともと、ぽっちゃり系というか、丸顔なので、少しお肉がついただけでも、太ったように見えるのですね。

同番組では、スレンダーな黒木瞳さんと共演していたので、余計、目立ってしまったのかもしれません。

初代スケバン刑事が太ったのでデカパン刑事に変身したと揶揄する意見もあったとか(ひどい!)

ある時、ドラマに出演されている斉藤由貴さんの背中を見たお父様に「女優がこんもりとした背中でいいのか」と言われ、ダイエットを決意したそうです。

その後、なんと2ヶ月で11キロ減! 

アラフィフともなると、なかなか肉が落ちにくくなります。

11キロもやせたなんて、大変うらやましい。

一体、どうすれば、そんなにやせられるのでしょうか?

2か月で11キロ減、その脅威のダイエット法は?

斉藤由貴さんのダイエット1:1日300kcalに

極端な食事制限をされたそうです。

口にするのは、低脂肪ミルクやプロテイン、コラーゲン、ビタミンのサプリメントだけ。

小腹が減った時には、味噌汁を飲んだり、生野菜をかじったりして忍んでいたそう。

ちなみに、成人女性に必要なカロリーは、1日1800kcal程度だといわれています。

300kcalは、あまりに少なすぎるんじゃ……。

斉藤由貴さんのダイエット2:プロテインをとる

プロテインといえば、アスリートが筋肉をつけるために摂るようなイメージですが、ダイエットにも効果的だそうです。

プロテインとは、タンパク質のこと。

タンパク質は、人の三大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質)の一つであり、生きていく上で不可欠な成分です。

筋肉や内臓、皮膚、髪、爪などの人のあらゆる部分を作るのに必要なもの。肉、魚、卵や乳製品に多く含まれています。

従来のダイエット法では、カロリーを抑えることばかりが注目されてきました。

そのため、タンパク質の摂取量も減ってしまい、筋肉量も減っていました。

筋肉量が減ると基礎代謝も下がり、ダイエットを行うことでかえって、痩せにくくなるというデメリットがありました。

プロテインを意識的に摂取することで、タンパク質が不足することなく、筋肉量を減らさずにダイエットすることができるそうです。

斉藤由貴さんのダイエット3:よく噛む

ダイエット中、口が寂しくなると、生野菜などをかじって耐えていたという斉藤由貴さん。

噛むことで満腹感が得られるといいますね。

ちなみに、噛む回数を増やすだけでも、ダイエット効果を得られるそうです。

目安は1口30回以上

よく噛むことで、早食いも予防できますので、ダイエットだけでなく、健康にもいいそうです。

ダイエット法 まとめ


2012年7月、TBS系「はなまるマーケット」に出演後、斉藤由貴さんのダイエットが大変話題になりました。

それをうけて、『日本ダイエット健康協会』の代表理事 古谷暢基氏が警鐘を鳴らしていました。

45歳以上の女性が、1日300kcalで痩せるのは、限界を超えたダイエットだと。

20代に比べ、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量も減っているので、しわが増えたりなどの老いを早めてしまう危険性があるとか。

さらに、生理不順や骨粗しょう症を招く恐れもあるそう。

エストロゲンの低下は、食事の栄養素で補うのが理想的です。

エストロゲンと似た働きをするイソフラボンは、納豆や豆腐などの大豆製品や緑黄色野菜から。

また、ストレスや老いを防ぐ抗酸化物質のフィトケミカルは、トマトやなす、しょうがなどで摂る必要があります。

過度な食事制限は、美容どころか健康にも良くありません。

ですが、プロテインをとったり、よく噛んだりされたことはよかったと思います。

過激なカロリー制限ではなく、バランスの良い食事を心がけ、適度な運動、そしてよく噛むことを意識して、体重コントロールを目指したいですね。

応援のクリック、ありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

効率よくコラーゲンを摂取するには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ