ホームメンタルケア ≫ 休みの過ごし方で五月病になる? 五月病を防ぐ2つの方法【おはよう日本】

休みの過ごし方で五月病になる? 五月病を防ぐ2つの方法【おはよう日本】

5月1日放送のNHK総合「おはよう日本」で、五月病対策がありました。

ゴールデンウィークを楽しまれている方も多いと思いますが、実は、連休の過ごし方によっては、五月病になることもあるそうです。

五月病を予防するには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?

女磨きの情報満載、人気のブログはこちらから
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

五月病とは


五月病」とは、おもにゴールデンウィーク明け頃からおこる、倦怠感や虚脱感などを伴う不調を示す俗語です。

医学的には、「適応障害」あるいは「うつ病」に該当する場合もあります。

新年度、4月から新しい職場や学校に頑張ってきて、連休で、ほっと一息ついている人もいるでしょう。

環境や周囲の変化などで緊張状態が続きやすく、ストレスが蓄積していきます。

ストレスのなか、休みができたところで、張りつめていた気持ちが切れてしまいます。

今までの精神的疲れがどっと出て、連休明けに朝起きれなくなったり、出勤や登校がおっくうになる症状が出るのです。

新人だけじゃない? ベテラン社会人もなる?


五月病といえば、以前は、若い新社会人などに多く見られ、新しい環境に慣れ始める夏ごろになると、自然と症状が治まっていくのが一般的でした。

しかし、現在では、新社会人だけでなく、部署移動や転職などで新しい環境に置かれた中高年にも増加しています

現代のストレス社会にいる以上、五月病は誰でもなる可能性があるのです。

さらに、五月病から「うつ病」になることもあるので、注意が必要です。

五月病から深刻な事態に?


五月病から、深刻な事態に陥ることもあるそうです。

番組では、昨年5月に適応障害と診断された男性の話がありました。

その男性は、慢性的な吐き気や出社前に泣いてしまうなどストレスがあり、昨年7月に休職に追い込まれてしまったそうです。

現在、職場への復帰を目指して療養を続けているそうです。

五月病を防ぐには?


メディカルケア虎ノ門 五十嵐良雄院長は、春先の環境の変化や連休中のリズムの乱れが五月病の要因だとおっしゃいます。

メディカルケア虎ノ門の基本情報はこちら(本ブログを離れます)

五月病を予防するには、同じ時間に寝て同じ時間に起きるように規則正しい生活を心がける、運動でストレス解消をすることに気を付けるといいそうです。

規則正しい生活を心がける

休み中に夜更かしをすると、連休明けには起きる時間をもとに戻さないといけません。

その時差ぼけのような状態が、不眠や憂うつの要因になるといいます。

「幸せホルモン」とも呼ばれる、ストレスの軽減に役立つ脳内の神経伝達物質にセロトニンがあります。

ストレスが続くと、セロトニンの分泌に影響が出ます。

セロトニンの不足から、感情を上手くコントロールできなくなったり、憂うつな気分になりやすくなるのです。

また、不規則な食事や夜更かしによる体内リズムの変化から、セロトニンの分泌が鈍くなってしまうこともあります。

お休みの日も、ある程度決まった時間に起き、生活のリズムを崩さないようにしましょう。

太陽の光を浴びると、交感神経系が活性化し、脳内のセロトニンの分泌が促進される性質があります。

セロトニンの分泌を促すためには、毎朝、太陽の光を浴びるのが効果的です。

軽い運動をする

日中、軽く疲れる程度の運動をすると、ストレス解消にもなります。

運動自体が、脳にいいのですが、自分のために運動の時間を作ったという満足感がストレス解消のうえで大切だそうです。

ラジオ体操やヨガなどがおすすめ。

また、朝日を浴びるために、朝にウォーキングやジョギングなどを行うのも効果的です。

今まで、五月病を軽く思っていましたが、重症化してしまうと大変ですね。体調の管理に気をつけながら、連休を楽しみましょう。

応援のクリック、ありがとうございます。
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

管理人のおすすめ商品レビュー

効率よくコラーゲンを摂取するには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ