ホームおすすめ商品レビュー ≫ 年齢からくる視力の衰えに「えんきん」をおすすめする3つの理由

年齢からくる視力の衰えに「えんきん」をおすすめする3つの理由

えんきん1袋
目の疲れやぼやけなど、目のお悩みはありませんか?

私は仕事でパソコンを使っているので、ほぼ一日中、パソコン画面を見ています。

以前はそれほど感じなかったのですが、40歳を過ぎた頃から、夕方になると、目がしょぼしょぼしたり、見えにくくなるようになりました。

さらに、パソコンを見続けていると、目がゴロゴロしたり、頭痛がしたりするように。

眼科で診てもらったところ、軽いドライアイだといわれ、目薬を処方してもらいました。

目薬を差すと、目のゴロゴロは収まるものの、一時的。パソコンで作業していると、やっぱり、目がしょぼしょぼしたり、頭痛がしたり……。

でも、あるものを試してみたら、そんな不快な症状が軽減されたのです。

それが、FANCLヘルスサイエンスのサプリメント「えんきん」です⇒【ファンケル】手元のピント調整力をサポート!機能性表示食品「えんきん」  

えんきんってなに?


えんきんは、日本で初めて目の機能性表示食品(※)に認定されたサプリメントです。

目の疲れを感じている 45~64 歳の男女 50 名を対象にした臨床試験では、4週間連続摂取したところ、肩や首のコリや目のかすみなどの症状が改善されたというデータが報告されています。
 
「機能性表示食品」は、事業者の責任で、科学的根拠を基に商品パッケージに機能性を表示するものとして、消費者庁に届け出られた食品です。
参考資料:「機能性表示食品」って何?(消費者庁)

えんきんには、ルテイン、アスタキサンチン、シアニジン-3-グルコシド、DHAが含まれ、『手元のピント調節機能』を助けると共に、目の使用による肩・首筋への負担を和らげることが期待できます。
 

えんきんをおすすめする3つの理由

理由1.目のサプリメントで日本で初めての機能性表示食品

えんきんは、目の機能に対する効果が臨床試験で実証された、日本で初めての機能性表示食品です。

えんきんを4週間摂取したところ、目のピント調節力が改善されたことを確認されています。

また、目の使用による肩・首筋への負担を和らげることが確認されてました。

理由2.ブルーベリーだけじゃない、目のピント調節に実感の成分をバランスよく配合

えんきんには、ブルーベリーエキスに含まれるアントシアニン「シアニジン-3-グルコシド」、ほうれん草やブロッコリーに多く含まれる「ルテイン」、サケやいくらに含まれる「アスタキサンチン」、魚に多く含まれる 多価不飽和脂肪酸「DHA」がバランスよく配合されています。

配合量の多さにこだわることなく、しっかりと体内で吸収されるよう、バランスのよい配合となっています。

創業以来、香料や合成着色料、保存料を使わずに無添加にこだわったファンケルだからこその、安心の品質です。


理由3.試された方93%が感じた実感

えんきんは、発売1年間で310万個の売上実績をもつ、大人気サプリメントです。

ファンケルの通販サプリメント売上No.1、かつ、顧客数No.1の2冠王。

実際に試された方の93%が年齢による目のお悩みが改善されたと実感されています。

  • 最近、手元がかすんだり、ぼやけて見えたりする方
  • パソコンや新聞など小さな文字にストレスを感じている方
  • 目を使うことで、肩や首のコリにお悩みの方
  • 確かな効果を実感できるサプリメントをお探しの方

そんな皆様におすすめのサプリメントです。

えんきんの1,000円お試しセット


えんきんは通常購入の場合、90日分(3袋)で5,248円です。

ですが、今なら、初回購入特典1,000円のお試し価格送料無料で購入できます。

お試しセットは、えんきん2週間分が2袋ついてくるもの。
えんきん2袋 
4週間分が1,000円で購入できるのはとってもお得ですね。
 
しかも、返品、交換は無制限

使用中でも、効果を実感できなければ、全額返品保証を受けることができます。返品時の送料も無料です。

1日分は2粒。手ごろな大きさで、においもなく、飲みやすいです。
えんきん2粒
食品ですから、特に決まった時間に飲む必要はありません。

生活のリズムにあわせて、好きな時間にどうぞ。

えんきんを飲んでみたら


若い頃から、近視で、パソコン作業時には眼鏡をかけたり、コンタクトを利用したりしてきました。

視力の衰えには気を付け、ブルーベリーなどのサプリメントも利用してきましたが、あまり効果を実感できずにいました。

DHAやルテインも試してみましたが、多少は感じるものの、それほどは……。

えんきんも、あまり期待はしていませんでした。

実際、最初の頃は、あまり効果を感じなかったのですよ。

それでも、せっかく買ったから、手元にある分は飲んでしまおうと、続けていました。

続けているうちに、4週間近くたった頃でしょうか、そういえば、夕方になっても目がしょぼしょぼしていないことに気がつきました。

そういえば、目を使い過ぎて頭が痛くなることもないな……。

そういえば、昼寝していないな……。

それまで、昼すぎると、目が疲れてどうしようもなくなり、昼寝をとるというのが習慣になっていました。

それが、普通に活動できるようになっていたんです。

ずっと痛みが続くわけではないので、気がつけば緩和されていたという感じですね。

サプリメントは食品なので、薬品のような大きな変化はなく、穏やかに緩和されたのだと思います。

消費者庁が日本で初めて目の機能性食品として認定したえんきん。

確かな効果が実感できるサプリメント、これからも続けていきます。

送料無料、お得なセットでの購入はこちらから⇒【ファンケル】手元のピント調整力をサポート!機能性表示食品「えんきん」 

管理人のおすすめ商品レビュー

女性らしいボディラインを目指すには バストケアに最適なマッサージジェルは 大豆イソフラボンでは実感できないあなたに! 年齢からくるゆらぎから解放

ブログパーツ